ハツレポーター

▶ローカリティ編集部


中野宏一

発行人兼編集主幹

ふるさと:
秋田県湯沢市(出生地)、東京都新宿区(幼少期)、埼玉県所沢市(育ち)、サンディエゴ、東京都文京区(大学・大学院)、仙台、和歌山

ローカルニュースの可能性を追求して、この世界の多様性を示したいです。

畠山智行(Hatake)

Evangelist

ふるさと:
宮城県仙台市(出身地) 
秋田県湯沢市(自分で選んで移住した土地その1) 
神奈川県横浜市(自分で選んで移住した土地その2)

何気ない日常がどんなに尊く、感動に満ちているか、そのことに読者の皆さんが気付けるメディアに成長させていきたいと思います!

森将太

編集長

ふるさと:
滋賀(出身地)、名古屋(大学時代)、和歌山(仕事の初任地)、福岡・京都・秋田(赴任先)

自分が書いた発見が、それを読んだ誰かの発見になる。
あなたの発見のお手伝いをさせてください。

▶第1期ハツレポーター


ヨコイリカ

東京都中央区

うどん県生まれの、コシのある田舎っぺ。長らく京都で暮らしつつ、プライベートや仕事で津々浦々を訪れる旅芸人をしてもう長い。アイコンは宮城仙台住みの妖精さんと。全国全世界の「地元の魅力」と「歴史ロマン」と「美味しいもの」にまみれて生きたい。

濵口彩歌

和歌山県田辺市

石川県能登半島生まれ、10年間大阪にいた後、20年間千葉県で暮らしました。海の近くに住みたいと漠然と憧れており、現在は結婚を機に和歌山県に在住。都会暮らしのいいところ、田舎暮らしのいいところ、それぞれ良さを身に染みて感じております。世の中に溢れている魅力に気が付けば楽しいんです!

小池穂波

埼玉県行田市

全国各地に眠るたくさんの魅力を発掘し、みなさんと共有したいです!
本業はフルート奏者なので、全国津々浦々のまだ誰も演奏したことのない場所でコンサートをすることが夢です。
音楽で地方創生に貢献できるよう頑張ります!

並木真弓

和歌山県田辺市

東京都渋谷区生まれ。千葉県習志野市育ち。ローカルを深堀するのが大好きです。美味しいものを食べている時がささやかな幸せ。
和歌山県・三重県・奈良県をはしる世界遺産 ”紀伊山地の霊場と参詣道” 通称「熊野古道」への愛が止まらなくなり移住しました。

大沼吹雪

秋田県横手市

1974年生まれの1児の父。「これ、いいな」「伝えたいな」と思ったことをのんびりとお伝えできれば。「ある秋田の文化」を時々探します。「雪下ろし」の道具もつくってます。(https://www.facebook.com/snowrr/)写真は小学6年生の私。地域の行事「虫追いまつり」です。

岡本格

和歌山県田辺市

田辺市の駅前商店街で「Bar Oct.」を営んでいます。世界中のお酒をきっかけに、地理や歴史、気候風土、宗教神話、食文化に興味があります。座右の銘は「諸行無常」。口癖は「頑張れる時頑張ったら、頑張れやん時は頑張らない」「おねぇちゃんにキャーキャー言われる為だけに店やってます」の2つです٩(๑^o^๑)۶

柴田和枝

和歌山県田辺市

出身は鹿児島県で、大学時代は岡山県におりました。現在は田辺市の「Bar Oct.」に勤めています。今の目線でふるさとを見てみたい、そして地元を、ふるさとを、もっと好きになりたいという思いから、参加させていただきました。これからどんなローカルな話題が出てくるのかワクワクしています。

溝口善之

和歌山かつらぎ町

和歌山県かつらぎ町生まれかつらぎ町育ちの地方公務員です。かつらぎ町の歴史・文化・人・美味しいもの・絶景など、あふれる魅力を世界に発信していけたらと思っています。よろしくお願いします。

菅野久美子

秋田県由利本荘市

生まれも育ちも秋田県。秋田はなにもないところ……ずっとそう思ってきましたが、今になって秋田の良さを感じています。「何もない」じゃなくて、「何も気が付かなかった」というのが適切かも。身近にある秋田のいいところを伝えたれたらと思います。

田川珠美

秋田県秋田市

移住と就業促進の仕事に関わってから、知らなかった魅力や課題のあることに気づきました。雪国のあたたかく柔らかい秋田を届けたいと思っています。ライフワークはピアノを弾くこと、ワクワクするのは農道探索、そして幸せは、心のふるさと北秋田市の緑の中をドライブすることです。

天野崇子

秋田県大仙市

1968年生まれ。東京の人と東京で結婚したけれど、秋田が恋しくて夫に泣いて頼んで一緒に秋田に戻って祖父祖母の暮らす家に入って27年。これからどんどん地元愛を爆発させてまいります。皆さまよろしくお願いいたします。

石山信乃

和歌山県串本町

2020年の始めに念願の出生地にUターンしました。何か新しい活動を…と探していたところ、こちらの活動に目がとまりました。数十年ぶりの和歌山の魅力を、持ち前の明るさと感性を働かせて探索したいとの思いからハツレポーターになりました。どうぞよろしくお願いします。

千葉明日美

秋田県大仙市

生まれも育ちも秋田県大仙市。地域の方々のあたたかさと豊かな自然、歴史ある文化に囲まれて育ちました。大仙の魅力を発信し、もっとたくさんの人に秋田・大仙を知って、好きになってもらいたいです。よろしくお願いします。

栗田宏昭

神奈川県平塚市

全米住みたいまちNo.1に選ばれた「ポートランド」で「コミュニティ開発」を学び、「ローカル」の重要性を叩き込まれた。地元の神奈川県平塚市でローカル市民メディア「平塚市民プレス」の立ち上げ経験があり、第二の故郷であるポートランドのカルチャーをクラフトビールと一緒にサブスクパッケージ販売する「桜泥棒BEER」を準備中。

渡部生

秋田県大仙市

生まれは秋田県にかほ市で、仙台市の大学で建築・まちづくり・震災復興の勉強をして、社会人になってからはデザイン関係の仕事をしていました。
現在は大仙市の地域おこし協力隊を行っています。いろんなカタチで地域の魅力を発信できたらと思っています!!

相沢由介

宮城県仙台市

生まれは秋田県にかほ市で、仙台市の大学で建築・まちづくり・震災復興の勉強をして、社会人になってからはデザイン関係の仕事をしていました。
現在は大仙市の地域おこし協力隊を行っています。いろんなカタチで地域の魅力を発信できたらと思っています!!

貴志冬樹

秋田県秋田市

生まれてこのかた秋田県秋田市在住で、記憶のないころから秋田県の代表する「竿燈まつり」に参加しております!これまで、竿燈まつりを通じ様々な地域へPR活動などを行ってまいりました。訪れた地域の良さに触れながらも、改めて自身の住む所の良さももっとPRしていこうと思います!

吉田和成

大阪府大阪市

出身は横浜で、いまは大阪で金融機関で働いております。
過去2014〜2016年に和歌山にも転勤で住んでいたことがあります。関西は人間の温かさが東京より残っており、魅力に溢れていると感じています。
ハツレポ発信を通じて魅力を見つけていきたいと思います。
よろしくお願いします!!

田畑詞子

秋田県秋田市

秋田出身。2001年清泉女子大学文学部英語英文学科卒業。東京、横浜から2度のUターンを経た後、現在は地元秋田で新しい発酵文化を創るために活動中。一般社団法人日本スイーツ協会スイーツコンシェルジュ、記事の取材・執筆に携わる。希望は泡立て器とペンで生きること。これからは「ことばの森」を育てたい。

飯田有紀子

東京都新宿区

静岡市出身。大学時代は静岡から新幹線通学で東京に通い、卒業後初期配属で仙台へ。仙台ではONETOHOKU等有志活動を通じ東北の素敵な人たちに魅了され、大好きになり2020年7月に異動で東京に来るも東北と繋がりたいと秋田のハツレポイベントに参加。

伊藤加菜子

岩手県盛岡市

2020年の7月にUターンで13年ぶりに盛岡に帰り、転勤族から卒業しました!離れた土地から地元を見てきて、地元愛が増すばかりでした。
私は子育て支援活動で、約7年間、地域のお母さんをつなぐ活動をしています。
ハツレポの活動が本格的になったら、子ども二人を巻き込んで、楽しめたらいいな…

花谷直子

和歌山県上富田町

和歌山県白浜生まれ、田辺育ちの生粋の紀南人です。地元観光が好きで4年前から”地元人が知る紀南の良さを観光の人に伝える”をコンセプトに「きい散歩」(https://kiisanpo.com/)と言うブログをやってきました。
ローカリティでも同じように、観光情報誌に載らないディープな面白いこと・モノを見つけレポートしていきたいです。

増山雄大

和歌山県紀美野町

神戸出身。長い関東生活を経て、4年前地域おこし協力隊として紀美野町移住&関西復帰。今は、仲間5人と「まちづくり応援団team2020」を結成。体験プログラム等を提供してます(https://www.instagram.com/team2020kimino)。
田舎での「複業」という生き方・働き方を実践中。ハツレポーターもその一つですが、「オモロいもん」を軸に発信できたら!

貝田真紀

秋田県北秋田市

現在、阿仁マタギで有名な北秋田市に引越し、「地域おこし協力隊」として地域振興に取り組んでいます。狩猟免許を取得して北秋田市の森吉猟友会にも所属したので、今後は狩猟活動も展開していく予定です。モスクワには3年半ほど住んでいたので、モスクワにも思い入れがあります。「秋田×ロシア」でも何か仕掛けたいです。

Rang

東京都府中市

韓国籍の韓国生まれ、25歳から日本に在留しております。今はウェディングや家族をメインに人物撮影で活躍しております。(https://www.instagram.com/art1stphoto)東京都西多摩郡の檜原村にとても惹かれて、檜原村の素敵なところを発信できればと思います。
カメラマンネームとして「ラン」で活動しており、仕事以外の多くの方にもそう呼ばれています。よろしくお願いします!

斎藤和枝

宮城県気仙沼市

宮城出身。
1988年(昭和63年)東京コンセルヴァトアール尚美 電子オルガン学科卒業。
タレントの小泉今日子と同い年で演歌の小林幸子に似ています。
谷川俊太郎の詩「生きる」に感銘を受けました。
日課はブロックパズルと猫や犬のおもしろ動画で爆笑する事
ウクレレ使って歌える観光ガイドを目指しています。

菊池美南

宮城県大崎市

岩手県の久慈生まれ、盛岡育ち。大学時代は仙台で過ごし、就職を機に大崎市へ来ました。
東北から出たことがない、東北大好き人間です。宮城の中ではあまり目立たない大崎市ですが、世界農業遺産にも認定された豊かな土壌に魅力的な人、物、事がたくさん隠れています。大崎を含む宮城県北や地元岩手の魅力を発信していきたいです!

榎本睦代

和歌山県田辺市

和歌山県新宮市出身の父、那智勝浦町出身の母、嫁に来たのが和歌山県の世界遺産「熊野本宮大社」がある本宮町、そんなわけで、熊野三山の縁あるあるです。普段はリモートワークでとにかくコツコツとお仕事をこなしています。
驚きや感動をどんな風に伝えていけるのかわかりませんが、「人」「モノ」「コト」を私なりに表現していきたいと思っています。

森川淳元

秋田県秋田市

秋田県北秋田市出身で、秋田市在住です。少しばかり出版や取材などに関わったことがあり参加させていただきました。レポーターになり、改めて秋田ならではの面白いところを深掘りできたらと思います。

▶第2期ハツレポーター


井上亜矢子

京都府丹南市

主婦業の傍ら発達支援、シナリオ執筆などの仕事をしてます
趣味はドラマ、アニメ、フィギュアスケート鑑賞、身近な歴史探索、位置情報ゲームなど
大河ドラマ「麒麟がくる」をきっかけにますます楽しくなってきたご近所&歴史探索の様子をお伝えしていきいと思います 

カオハガンハウス

フィリピンカオハガン島

セブ島から船で約1時間、手つかずの自然に包まれた、東京ドームと同じ広さの小さな島。島民約700人が、豊かな海洋の自然のなかで、その恵みをいただき、必要以上の量を採らず、それを皆で分かち合う、そんな暮らしをしています。
そんな島に嫁いだ佑子とよしえ、長期滞在中の佐和子が島で見つけた驚きを発信していきます!
よろしくお願いいたします。

齊藤太一

埼玉県草加市

わいわい歴史通信という歴史業界新聞の編集長をしております。全国各地の寺社やお城、川や山にも歴史があります。歴史は万国共通の地域おこしの素材だと思っております。
歴史視点の地域の話題・記事を関東甲信などからお送りしたいと思います。これまでに、神奈川県鎌倉市や栃木県さくら市などと歴史活動でコラボレーションしております。

奥村彩乃

和歌山県日高川町

東京都出身、和歌山県日高川町在住。一番近いコンビニまで車で30分という山奥で、意識低めの田舎暮らしを楽しんでいます。普通の観光では気付けないような、オタク心をくすぐるローカルネタを発掘していきたいと思います。

小川さなえ

宮城県仙台市

生まれは新潟。
親が転勤族で小学校4校・中学校2校の生い立ち。
自らの意思で伊達領民になり早30年。
なので「地元は仙台」と大声で叫ぶ。
歴史が大好物なフリーアナンウンサー兼印象コンサルタントです。

畠美代子

神奈川県川崎市

東京の品川で育ち、カナダのバンクーバー、兵庫県に1年づつ住んだことから文化の違いにショックを受けつつ、異文化に興味を持ちました!
元々旅行が好きでしたが数年前、歴史の面白さに気付いてから、マンガ・大河ドラマ・音楽を通じて出会った人との繋がりを大切に「出会いの感動」と共に地元愛を広げて行きます。.:*☆