バンザイ!秋田県民 しょっぱい漬物に砂糖をまぶせ!

秋田県の中でも雪深いとされる横手市。市の東部にある増田町狙半内(さるはんない)は、特に雪深い。そこには、笑いと驚き、そして秋田の食文化と雪国の知恵がありました。 2019年2月、外にいると自然と鼻先や耳が痛くなる寒い日だ … Read More

大沼吹雪

第1期ハツレポーター / 秋田県横手市

1974年生まれの1児の父。「これ、いいな」「伝えたいな」と思ったことをのんびりとお伝えできれば。「ある秋田の文化」を時々探します。「雪下ろし」の道具もつくってます。(https://www.facebook.com/snowrr/)写真は小学6年生の私。地域の行事「虫追いまつり」です。

熊野のことならこの人に聞け!にぎわい市場コンシェルジュmondoさん

東京でコピーライターの仕事をしていた今西主さん、通称「mondoさん」とはずいぶん長いお付き合い。SNSのmixiで知り合いました。熊野の田舎に住みながら、那智勝浦町の「勝浦漁港にぎわい市場」でコンシェルジュとして外国の … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

帰ってきてわかった地元の魅力。紀の川市の木工職人 樫尾善成さん

生まれ育ったときは当たり前すぎて何とも思っていなかった地元、和歌山県紀の川市。東京でシステムエンジニアとして働くうちに、「お天道様の下で働きたい」と思うようになりUターンした樫尾さんは、そこで初めて地元の良さを実感したと … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

白浜移住で出会った新たな趣味:ビーチコーミングは宝探し

50代で白浜へIターンされた木下ご夫婦、善教さんと文子さん。子どもの独立を機に自然の中でのんびり二人で暮らしたいと思い、思いきって大阪の大手企業を早期退職されたのだそう。 白浜では、善教さんは町営温泉で、文子さんはホテル … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

長年の夢が現実に―和歌の浦に、とある喫茶店ができるまでの話―

和歌の浦にある喫茶店「音工房(おとこうぼう)」。もともとは大阪府阪南市に25年ほどお店を構えていましたが、3年前に今の場所に移転してきました。 6年ほど前、マスターがまだ大阪でお店をしていた頃の話。当時、マスターは「建物 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

見られるのは一生に一度だけ!?かつらぎ町花園地区に伝わる「仏の舞」

かつらぎ町花園地区にある遍照寺に伝わる「仏の舞」は、幻の舞とも呼ばれ、今からおよそ1000年前、平安時代から始まったと言われています。女人成仏をテーマとした全国でも珍しい舞踏劇で、国の無形民俗文化財にも指定されています。 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。