和歌山市のコワーキングスペース『cotowa』さん

最終日和歌山市の本町公園内の【cotowa】さん オーナーの旭大介さんにクローズアップ。 (宮坂 浩邦 さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

さくっと行けて、がっつり山登り気分。

鏡石山@海南市 さくっと1時間半程度で自然に癒される。 ほどよいアップダウンでほどよい疲労感。 お気に入りです。 (Yuki Nakaoさんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

晴れた日の磯を散策 すさみ町口和深・見老津付近

晴れた日に磯を散歩すると、無心になれる。 ( 石田 安俊 さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

天井のお釈迦さまが素敵な「一願寺」さん 田辺市中辺路町

実際の数は分かりませんが、和歌山県は、禅宗のお寺が多いように思います。 天井にお釈迦さまがいらっしゃって素敵でした。 水占いに興味深々でしたが、次回にとっておくことにしました。(台風の影響で売店がお休み。。。残念) トイ … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

カナダ・バンクーバーのキングサーモン漁と深い繋がりがある和歌山県美浜町三尾地区

今から34年前の夏、カナダで貧乏旅行をしていた時に初めて食べたキングサーモンを思い出します。 カナダのフレーザー川の河口の街、リッチモンドで食べた逸品。 私の母の従姉妹のご主人(吉原さんという方)が、 夏の禁漁時期でも漁 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

地域の「触媒」として古座に新たな風を吹き込む公認会計士 古座MORI 坂本直弥さん

「我々はキャタリスト(触媒) for ソーシャルチェンジ。社会変革のための触媒になろう、ということをモットーにしています。」 和歌山県で「本州最南端のまち」として有名な、東牟婁郡串本町。坂本直弥さんは、東京とフィリピン、 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

炭焼き職人、明子さんの悩みとは

2017年、堀部明子(ほりべ あきこ)さんは愛知県知多市から田辺市秋津川へ移住した。 現在、夫、剛史(たけし)さんと共に炭焼き職人をしている。「ここに来るまで備長炭は全く知らなかった」と話す明子さん。男性が多い炭焼き職人 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

77歳になっても新たな挑戦を続ける「秋津野ガルテン」玉井常貴さん

「この地域の面白いところは、諦めないところ」 和歌山県田辺市上秋津の「株式会社秋津野」代表取締役会長玉井常貴さんは、自分の生まれ育った地域のことをこのように語る。昔から諦めることなく、住民たち自らの手で地域づくりに取り組 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

80種類もの柑橘を栽培する聖地で作られる “本当のみかん” スイーツ

和歌山県田辺市は、紀州南高梅とともに、温州みかんをはじめとした柑橘の産地である。中でも上秋津地区は日本全国でも随一の柑橘の産地で、年間を通してなにかしらの種類の柑橘が収穫されている。そんな柑橘の名産地である上秋津では、「 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

細部に宿る遊び心で旅人をもてなしてきた、高野山口の名旅館 葛城館

葛城館のある高野口駅前は、明治後期から大正時代に多くの高野山参拝客でにぎわう宿場街として栄えていました。 今も現存する唯一の旅館「葛城館」は、 存在感のあるガラス張りの木造3階建て。 中へ足を踏み入れると、ガラス窓から多 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。