「食の価値を見直すことが大切」甲南女子大学郡俊之(こおりとしゆき)教授が描く食のこれから

※写真はイメージです 「食育の効果」や「噛む回数と栄養状態の関係」をテーマに研究を進める甲南女子大学医療栄養学部の郡俊之教授は、研究者と教育者の両方の顔を持ち合わせています。 栄養教育の一端を担う大学教授から見た「食」の … Read More

大野佳子

生まれは福井、育ちは大阪。公務員、栄養士、農業、食品加工の遍歴あり。「農と食」のフィールドでセルフ人事異動(転職)を行ってきました。
現在は農業と福祉を連携させた商品づくりに取り組んでいます。「暮らし」に感動し、「科学」に挑戦し、「芸術」を愛して生きています。趣味はカフェ巡りと数学です!