熊本市で一番高い山の頂上からの絶景

熊本市西区にある金峰山は、熊本市で最も高い山として知られています。 車で頂上に行くまでの道は木が紅葉しておりとても綺麗だったので、秋に行くのがおすすめです。 私は車の運転の練習で行って、自分の運転で車酔いしましたが、 頂 … Read More

Facebook Japan&ローカリティ!スクール in 熊本市

本プロジェクトでは、熊本市とFacebook Japan株式会社との地域活性化に向けた事業連携の取組みの一環として、熊本市立総合ビジネス専門学校の学生を対象に「地域魅力の発信及びSNS等を活用した情報発信に関する講座」を開催。学生自らが熊本の魅力を発見し、国内外に広く発信する本取組を通して、「自ら考え、主体的に行動できる学生」を育んでいく。

〜歴史ある街並みに感動。山鹿市の豊前街道を歩く旅〜

熊本県の北部に位置する山鹿市にある「豊前街道」は、江戸時代にタイムスリップしたかのような体験をできるスポットが全て徒歩圏内に詰まっています。 石畳のレトロな街並み、天保年間から続く麹屋に、重厚な門構えの造り酒屋。温泉のさ … Read More

Facebook Japan&ローカリティ!スクール in 熊本市

本プロジェクトでは、熊本市とFacebook Japan株式会社との地域活性化に向けた事業連携の取組みの一環として、熊本市立総合ビジネス専門学校の学生を対象に「地域魅力の発信及びSNS等を活用した情報発信に関する講座」を開催。学生自らが熊本の魅力を発見し、国内外に広く発信する本取組を通して、「自ら考え、主体的に行動できる学生」を育んでいく。

熊本地震の爪痕が残る潮井神社 熊本・益城町

熊本地震で壊れてしまった熊本県益城町にある神社「潮井神社」です。 山の奥にあるので緑が多く、水源があるので水も綺麗。 地震の影響で水が溢れ、階段なども壊れているが社殿は残っています。 地震の前は、沢山の地元の人が来て水 … Read More

Facebook Japan&ローカリティ!スクール in 熊本市

本プロジェクトでは、熊本市とFacebook Japan株式会社との地域活性化に向けた事業連携の取組みの一環として、熊本市立総合ビジネス専門学校の学生を対象に「地域魅力の発信及びSNS等を活用した情報発信に関する講座」を開催。学生自らが熊本の魅力を発見し、国内外に広く発信する本取組を通して、「自ら考え、主体的に行動できる学生」を育んでいく。

今冬注目「焚き火もできるBar」付きのゲストハウスが誕生!? 宿泊してみた

福島県の猪苗代町内に新たな宿泊施設がオープンした。 その名も『Guest house Inawashiro~Hanbog~(ハンボック)』 今旅人に密かに話題のゲストハウスに筆者も宿泊してみた。 筆者も数多くのゲストハウ … Read More

長友海夢

福島県猪苗代町/第4期ハツレポーター

福島県猪苗代町在住 
長友 海夢 (ながとも ひろむ)
1995年生まれ 26歳
地域おこし協力隊 兼 個人事業主
趣味はアウトドア全般
令和2年4月から、名古屋より福島県に移住
理想のワークスタイルを実現し、福島暮らしを満喫中
[Instagram]
▶︎ https://www.instagram.com/hiromun_n/?hl=ja

和歌山県唯一のプロ野球球団-和歌山ファイティングバーズ-

和歌山にプロ野球球団があるのをご存じだろうか? 2021年の夏の甲子園では智辯和歌山高校が優勝した。元来高校野球では「和歌山を制する者は全国を制す」といわれるくらいレベルが非常に高く、野球に対するハートがものすごく熱い県 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

ハツレポ50本到達 投稿の歩みを振り返る【44〜50】

静岡市出身の飯田さんから届いたハツレポは、富士山、駿河湾、伊豆半島と、日本を代表するダイナミックな自然を一望できるスポット「日本平」の紹介でした。このところ気温も春めいてきました。さまざまな観光地を回遊しづらいご時世です … Read More

ハツレポ50本到達 投稿の歩みを振り返る【38〜43】

「投稿の歩みを振り返る」の投稿の歩みが少し滞ってしまい、失礼しました。気を取り直して本日も、元気に振り返っていきましょう! 宮城からの初のハツレポは相沢さん。「どんと祭」自体ではなく、行事に欠かせないグッズを売っている店 … Read More

ハツレポ50本到達 投稿の歩みを振り返る【No.19〜24】

和歌山のOkumuraさんから届いたハツレポは紀ノ川市の木工職人について。「生まれ育ったときは当たり前すぎてなんとも思っていなかった」というOkumuraさんの気持ちが、ハツレポを書くことを通して変化したと感じました。 … Read More

ハツレポ50本到達 投稿の歩みを振り返る【No.1〜6】

『ローカリティ!』に掲載されたハツレポの数が50に到達しました。 昨年10月中旬にサイトが立ち上がってから4か月。6人の編集部員でスタートしたローカリティ!は、12月に34人のハツレポーター(第1期生)と4人の編集部員が … Read More