停電の夜が生んだ “ありがとう” のキャッチボール

「こないだの停電の時、うちのお客様がね、電気で湯を沸かせなくて家のお風呂に入れなかったらしいの。それで、ある温泉旅館に泊まりに行ったんだけど、なぜか客室の水道が使えなかったんだって。そしたらなんと、食事して、温泉に入って … Read More

田川珠美

田川珠美

第1期ハツレポーター / 秋田県秋田市

移住と就業促進の仕事に関わってから、知らなかった魅力や課題のあることに気づきました。雪国のあたたかく柔らかい秋田を届けたいと思っています。ライフワークはピアノを弾くこと、ワクワクするのは農道探索、そして幸せは、心のふるさと北秋田市の緑の中をドライブすることです。

小さなまちに魅せられて、移住【阿仁合コミューンの長谷川さん】

秋田県北秋田市阿仁合のコミュニティスペース『阿仁合コミューン』を運営する長谷川拓郎さん(42)は、西オーストラリア発祥の「WAROCK(わろっく)」を地域住民と一緒に県全域へと広めたことで知られる人物です。WAROCKは … Read More

貝田真紀

貝田真紀

秋田県北秋田市 / 第1期ハツレポーター

現在、阿仁マタギで有名な北秋田市に引越し、「地域おこし協力隊」として地域振興に取り組んでいます。狩猟免許を取得して北秋田市の森吉猟友会にも所属したので、今後は狩猟活動も展開していく予定です。モスクワには3年半ほど住んでいたので、モスクワにも思い入れがあります。「秋田×ロシア」でも何か仕掛けたいです。

熊野古道中辺路の名物語り部が語る、「膝が…」からの完全復活劇

▼蘇りの地・蘇りの道に魅せられた人の「蘇り体験」 #1 2004年7月に世界遺産登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」。霊場をつなぐ参詣道は通称「熊野古道」と呼ばれ、歩くことで心魂が蘇る “蘇りの道” として国内外に広く知 … Read More

並木真弓

並木真弓

ハツレポーター

ふるさと:
東京都渋谷区(生まれ)、千葉県習志野市(育ち)、和歌山県田辺市(面白過ぎて移住)

ローカルな中の更にローカルな物や事や歴史を見つけて「ヤバい!!」と思うことが大好きです!
和歌山県・三重県・奈良県をはしる世界遺産 ”紀伊山地の霊場と参詣道” 通称「熊野古道」への愛が止まりません。

なぜ、モナカと粒あんが両立できるのか?

深まり行く秋、ぽってりとした愛らしい丸みのある和菓子に出会った。 一口目。「さくっ」とささやくモナカの香ばしさ、蜜感たっぷりの粒あん。二口目。粒あんに包まれていた「バター餅」が現れ、ゆっくり噛み砕くと、あんのなかに溶けて … Read More

田畑詞子

田畑詞子

秋田県秋田市/第1期ハツレポーター

秋田出身。2001年清泉女子大学文学部英語英文学科卒業。東京、横浜から2度のUターンを経た後、現在は地元秋田で新しい発酵文化を創るために活動中。一般社団法人日本スイーツ協会スイーツコンシェルジュ、記事の取材・執筆に携わる。希望は泡立て器とペンで生きること。これからは「ことばの森」を育てたい。

【大阪街物語#1】大正生まれの珈琲店にみる、大阪商人の心意気 

何気なく通りかかる街角の珈琲店。少し立ち止まり言葉を交わすと見えてくる、大阪の魅力に迫った。 大阪市内には、おいしい珈琲を出してくれる珈琲店が多い。一口に珈琲店と言っても、若者向けのカジュアルな内装の店から、常連で賑わう … Read More

吉田和成

吉田和成

大阪府大阪市/第1期ハツレポーター

出身は横浜で、いまは大阪で金融機関で働いております。
過去2014〜2016年に和歌山にも転勤で住んでいたことがあります。関西は人間の温かさが東京より残っており、魅力に溢れていると感じています。
ハツレポ発信を通じて魅力を見つけていきたいと思います。
よろしくお願いします!!

秋田竿燈まつりを裏で支える、しなりに耐える継竹づくり

秋田市で毎年開催される「秋田竿燈まつり」。新型コロナウイルスの影響で、昨年は戦後初の中止となった。だが、参加者は今年の開催に向けての準備に余念がない。意気込みを伺った。 筆者自身も幼いころからまつりに参加し、「祭りバカ」 … Read More

貴志冬樹

貴志冬樹

秋田県秋田市/第1期ハツレポーター

生まれてこのかた秋田県秋田市在住で、記憶のないころから秋田県の代表する「竿燈まつり」に参加しております!これまで、竿燈まつりを通じ様々な地域へPR活動などを行ってまいりました。訪れた地域の良さに触れながらも、改めて自身の住む所の良さももっとPRしていこうと思います!