年始まりの自己表現! 子どもたちの書き初め大会

1月5日、秋田県大仙市で、市内の小学生から高校生までが参加する「新春書初め大会」が行われた。子どもたちを対象にしているとはいえ、年齢を問わず、どれをとっても達筆で大人顔負けの作品ばかり。文字を書くことの価値について考えさ … Read More

渡部生

第1期ハツレポーター / 秋田県大仙市

生まれは秋田県にかほ市で、仙台市の大学で建築・まちづくり・震災復興の勉強をして、社会人になってからはデザイン関係の仕事をしていました。
現在は大仙市の地域おこし協力隊を行っています。いろんなカタチで地域の魅力を発信できたらと思っています!!

バーで年越しそば!? 田辺市の駅前で過ごす心身ともに温かい夜

「バーに年越しそばがある!? しかもお雑煮まで!?」 これまで年末は、家族で過ごすか、1人でろくに料理もせずに家でごろごろ過ごすかしていた私には、どれだけ衝撃だったことか。まさか大人の空間であるバーで、お酒を楽しみながら … Read More

柴田和枝

第1期ハツレポーター / 和歌山県田辺市

出身は鹿児島県で、大学時代は岡山県におりました。現在は田辺市の「Bar Oct.」に勤めています。今の目線でふるさとを見てみたい、そして地元を、ふるさとを、もっと好きになりたいという思いから、参加させていただきました。これからどんなローカルな話題が出てくるのかワクワクしています。

興奮冷めやらぬ箱根駅伝の復路区間を、選手たちの想いをはせながらサイクリング!

今年の箱根駅伝も、新興校の創価大の健闘や最終10区での駒澤大の逆転劇など、多くのドラマが生まれました。 神奈川県平塚市は箱根駅伝の中継地点の1つであり、毎年応援に行くのが筆者の正月の恒例行事です。 今年は新型コロナウイル … Read More

栗田宏昭

第1期ハツレポーター / 神奈川県平塚市

全米住みたいまちNo.1に選ばれた「ポートランド」で「コミュニティ開発」を学び、「ローカル」の重要性を叩き込まれた。地元の神奈川県平塚市でローカル市民メディア「平塚市民プレス」の立ち上げ経験があり、第二の故郷であるポートランドのカルチャーをクラフトビールと一緒にサブスクパッケージ販売する「桜泥棒BEER」を準備中。

来たる2021年!! コロナ収束を願い “初” 初詣ヘ

明けましておめでとうございます。2020年は新型コロナウイルスに振り回された1年でしたが、「今年こそは収束してほしい!!」と願って、人生“初”の初詣に行ってきました。 向かったのは、秋田県大仙市の中仙地区にある長野神社。 … Read More

千葉明日美

第1期ハツレポーター / 秋田県大仙市

現在高校3年生です。課題研究という授業の中で、大仙市の特産品を使ったお土産と観光パンフレットを作っています。校外ではドンパン娘(http://donpan.hana.jp/donpan-girl/)として活動もしています。今まで発見・体験してきた大仙市の魅力を、余すところなく発信していきたいと思います。よろしくお願いします。

グロい見た目が大変身! ほろほろじんわり、おふくろの味

私がお正月に作るもの!といえば、母もババ(祖母)も作っていた「生タラの子のでんぶ」。 「タラの子」と言っても、どこのスーパーでも売っているピンクのアレではない。アレはスケトウダラの卵。タラの子とは、マダラの卵。なかなかの … Read More

天野崇子

第1期ハツレポーター / 秋田県大仙市

1968年生まれ。東京の人と東京で結婚したけれど、秋田が恋しくて夫に泣いて頼んで一緒に秋田に戻って祖父祖母の暮らす家に入って27年。これからどんどん地元愛を爆発させてまいります。皆さまよろしくお願いいたします。

金目鯛は日の出とともにやってくる

紀伊半島にある本州最南端のまち、和歌山県串本町の西向には、沖合に浮かぶ島があります。 「九龍島(くろしま)」と「鯛島(たいじま)」です。 このうち鯛島は、鯛の形をしていて、波の侵食によって魚の目にあたる場所に空洞がありま … Read More

石山信乃

第1期ハツレポーター / 和歌山県串本町

2020年の始めに念願の出生地にUターンしました。何か新しい活動を…と探していたところ、こちらの活動に目がとまりました。数十年ぶりの和歌山の魅力を、持ち前の明るさと感性を働かせて探索したいとの思いからハツレポーターになりました。どうぞよろしくお願いします。

「なぐ子いねが〜!!」って遠くからなまはげの叫び声、泣いてない子も泣いちゃうよぉ〜

秋田県男鹿市では大晦日にナマハゲが各家々を訪問します。ナマハゲは鬼とも神とも言われ、諸説あります。 私が子どもの頃のことです。 大人たちは、お膳とお酒を準備してナマハゲがやって来るのを待つのですが、子どもにとっては大晦日 … Read More

菅野久美子

第1期ハツレポーター / 秋田県由利本荘市

生まれも育ちも秋田県。秋田はなにもないところ……ずっとそう思ってきましたが、今になって秋田の良さを感じています。「何もない」じゃなくて、「何も気が付かなかった」というのが適切かも。身近にある秋田のいいところを伝えたれたらと思います。

リビングから新年の火を拝める、題して「神仏はオレの家の前」

NHKの「紅白歌合戦」も終わり、「ゆく年くる年」を見ていると、私の実家の周りが少しずつ騒がしくなってきました。バタン、バタンと車のドアを閉める音、サクサクと雪を踏む音。静まり返った秋田市新屋の国道7号線沿いにある総鎮守・ … Read More

田川珠美

第1期ハツレポーター / 秋田県秋田市

移住と就業促進の仕事に関わってから、知らなかった魅力や課題のあることに気づきました。雪国のあたたかく柔らかい秋田を届けたいと思っています。ライフワークはピアノを弾くこと、ワクワクするのは農道探索、そして幸せは、心のふるさと北秋田市の緑の中をドライブすることです。

聞いて驚く!食べてもっと驚く!! さぬきのお正月「あん餅雑煮」

お正月といえば、お雑煮(異論は認めます)。お雑煮といえば、全国津々浦々、ご当地の食材を使ったさまざまなバリエーションが面白いですよね。 今回ご紹介するのは、わたしのふるさと・香川県の「あん餅雑煮」。その名の通り、なんと小 … Read More

ヨコイリカ

ハツレポーター

ふるさと:
香川(出身地)、京都(大学時代から12年間居住)、名古屋・銀座・文京区(仕事場)

全国全世界の「地元の魅力」と「歴史ロマン」と「美味しいもの」にまみれて生きたい。田舎っぺの底力を見せつけてやるー!

いつもニコニコ仲むつまじく

和歌山県かつらぎ町の鏡餅になくてはならない縁起物が「串柿」です。 かつらぎ町四郷地区は、およそ400年前から、串柿の特産地として長い歴史と伝統を育んできました。 串柿は、1本の竹串に、10個の干し柿を、2個・6個・2個と … Read More

溝口善之

第1期ハツレポーター / 和歌山県かつらぎ町

和歌山県かつらぎ町生まれかつらぎ町育ちの地方公務員です。かつらぎ町の歴史・文化・人・美味しいもの・絶景など、あふれる魅力を世界に発信していけたらと思っています。よろしくお願いします。