ここは駄菓子屋?酒屋?もう何でもいいか〜、みんなが集まる楽しい商店

地域愛溢れる「もりとよ商店」はみんなの居場所 和歌山県南部に位置する古座川町。日本清流百選にも選ばれる古座川が町を流れている。 古座川の河口近くに雑草で覆われた広場がある。30年前、そこは川上から運ばれた木材が高く積み上 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

地域と共に生きる3代目が営む昔から変わらない「人が集まる酒店」

「人が集まる場所というのは昔から変わらない」 古座川町にある酒店「もりとよ商店」を継いだ3代目の森武志(もりたけし)さんは、自身が営む店をこのように語る。生まれ育った町の景色は変わってしまったが、森さんの人生が詰まった古 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

固有種のクマノザクラを守れ!樹木医の本当の願いとは

2018年、国内で約100年ぶりの新種として注目を集めた紀伊半島南部のクマノザクラは、実はずっと昔からある固有種であった。 地元民にとっては、さまざまなヤマザクラが時期をずらして次々と咲くのを、長年、当たり前のこととして … Read More

石山信乃

第1期ハツレポーター / 和歌山県串本町

2020年の始めに念願の出生地にUターンしました。何か新しい活動を…と探していたところ、こちらの活動に目がとまりました。数十年ぶりの和歌山の魅力を、持ち前の明るさと感性を働かせて探索したいとの思いからハツレポーターになりました。どうぞよろしくお願いします。