150年かけて作られた酵母菌で作る金山寺味噌 湯浅町 平野浩司さん

和歌山県の郷土食材「金山寺味噌」は、夏の野菜を冬に食べるために米、大豆、瓜、なす、しそ、しょうが、酵母菌を混ぜて発酵させて「おかず」として食べる保存食です。 湯浅町の平野浩司さんのお蔵では、150年前の 酵母菌が柱につい … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

いざという時の「ノアの方舟」津波へ備える湯浅町

南海トラフ巨大地震が発生した場合、町を最大11mの高さ津波が押し寄せると言われている和歌山県湯浅町では、津波避難用のシェルターが設置されています。 湯浅町湯浅。観光客も多く訪れる伝統的建造物群保存地区の近くに設置されてい … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。