「情報社会から解放!?」森や池など自然の雰囲気を感じる「お手水の森」(旧・柿原養鱒場)

熊本市の上熊本近くにある柿原養鱒場は現在、くまもと水の迎賓館〜お手水の森という名前になっている。 そこでは、釣り堀があるがそこで釣った魚をその場で塩焼きなどで食べることが出来ます。 見渡す限り森しかなく、情報社会の喧騒と … Read More

Facebook Japan&ローカリティ!スクール in 熊本市

本プロジェクトでは、熊本市とFacebook Japan株式会社との地域活性化に向けた事業連携の取組みの一環として、熊本市立総合ビジネス専門学校の学生を対象に「地域魅力の発信及びSNS等を活用した情報発信に関する講座」を開催。学生自らが熊本の魅力を発見し、国内外に広く発信する本取組を通して、「自ら考え、主体的に行動できる学生」を育んでいく。

海賊伝説が残る無人島を見ながら食事ができる喫茶店

串本町の国道から約1キロ沖合に浮かぶ島【九龍島(くろしま)】 昔、源平合戦に活躍した熊野水軍の拠点であったと言われている。 今回はその九龍島のすぐ横にある【鯛島】に関連する情報をお届けします。 2つの島の反対側に、昔から … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

歴史の語り部と若き移住者。相乗作用で前に進む美浜町三尾地区

和歌山県美浜町の「アメリカ村」と呼ばれる三尾地区。 地元出身で、地域の歴史が伝承されない危機感のもと語り部として活動するカナダミュージアムの三尾さん。 そして、移住し新たな場作りとビジネスに挑戦する「ダイヤモンドヘッド」 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

滞在して!聞いてみて!小さな魅力が散らばる宝箱のような集落(和歌山県美浜町三尾地区)

和歌山県の美浜町は和歌山県で2番目に小さい町。その中にある三尾地区は美浜町の中心部から更に海沿いに進んだところに突如現れる集落である。 ここはカナダへ移民した方が戻ってきた際、カナダの様式を取り入れた日本家屋があったり、 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

暴れん坊将軍になれるまち 和歌山城公園動物園

「和歌山・お城・馬」といえば、俳優松平健さんが演じたことで知られる、「暴れん坊将軍」こと八代将軍徳川吉宗。その吉宗の名前のついたミニホースに乗ることができる場所が和歌山市にあります。 和歌山県の動物園というと、多くのパン … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

和歌山県日高郡三尾のアメリカ村🇨🇦?🇺🇸?

(宮坂 浩邦 さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

紀伊半島最後の清流の古座川、この川と街に魅せられた人のストーリー。

Uターンの代表であるモリトヨ商店の森さん。酒販の老舗を通して、古座の街に恩返しをする。 Iターンの代表である古座モリの坂本さん。古座の街と世界、古座の上流と下流を結びつけるコネクター。 この素晴らしき方々の取り組みには、 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

和歌山県田辺市の秋津野ガルテンが成功している理由とは?

和歌山県田辺市の秋津のみかんはとても有名である。 個人的には有田みかんより美味しいと思っている。秋津のみかんは日本一種類が多いらしい。確かに。早生に始まり、温州みかん、ポンカン、デコポン、せとか、清見など。本当に美味しい … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

老若男女に愛されるポルトヨーロッパ・和歌山マリーナシティは魅力が詰まった宝箱

和歌山マリーナシティは、私にとって、幼い頃に通った思い出の詰まった場所です。 テーマパーク「ポルトヨーロッパ」だけでなく、海鮮市場の「黒潮市場」もあります。魚が美味しく、私のおすすめはマグロのお寿司です!世界一のマグロの … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

晴れた日の磯を散策 すさみ町口和深・見老津付近

晴れた日に磯を散歩すると、無心になれる。 ( 石田 安俊 さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。