アブ1匹10円、ハエ10匹10円で買い取り!?真夏の牛を守る戦い【長崎県壱岐市】

1 min 243 views
タグ:

 毎年7月から8月にかけて、畜産農家を営む我が屋の牛舎にやってくる昆虫「アブ」。同時に「サシバエ」も真夏のシーズンにやってきます。

 アブやサシバエは牛の血を吸い、牛が痛みを感じたり、ストレスを感じたりします。畜産農家にとっては、頭を抱える存在というわけです。

そこで、毎年夏休み中の我が子たちが集結!アブはアブ1匹10円、ハエ10匹10円の買い取り制度を設けることで、やる気を出し大奮闘しています。

1、お小遣い目当て?!いいえ牛を守るためです

※ハエたたきの持ち手はピンセット風になっていて、やつけたアブやハエを運ぶ事ができます。

 夕方16時半から18時にかけて、牛に餌を与える準備をし始めると、子どもたちもハエたたきを手に戦闘態勢に入ります。牛の周りにやってくるアブやサシバエを見つけてはやっつけ、一箇所に集めます。「よっしゃー、アブGet、はい10円!」と妹がアピールすると、姉もハエたたきを構え、壁に止まったところを「ピシャー!」とどんどん撃退していきます。この日の売上は、姉110円(アブ10匹、ハエ13匹)、妹30円(アブ3匹、ハエ4匹)でした。お小遣い稼ぎが目的ではなく、牛を守るためにやっていると中学生の姉は言います。

2、1回叩いただけでは死なないアブ

 ただし、アブはハエたたきで1回叩いただけでは気絶をするだけで死にません。叩いて、ピンセットを用意している間に目を覚まして、飛んでいってしまうこともあります。叩いたあとは、油断せず、すぐに長靴で踏みつけて息の根を止める必要があります。

今年の夏も我が家の牛たちを守るため、子どもたちが大活躍中。この家に嫁いで50年以上、牛舎を見守っている祖母は「あんたらがアブをやつけてくれるおかげで、年々アブは減っとるばい」と喜んでいます。

※写真は全て2023年7月30日長崎県壱岐市にて筆者撮影

タグ:
田口有香

田口有香

長崎県壱岐市

校閲記者兼コミュニティマネージャー

第4期ハツレポーター/ライター兼農家の嫁であり、3人の子どもの母。生まれ育った大阪から壱岐島に家族で移住。
壱岐島は長崎県の離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群のアクセス!!海がきれいなのはもちろん、お魚もお肉も野菜も米も焼酎もそろっておりグルメも自慢できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です