「暮らす」に寄り添うは本当だった。「CLASS GLASS」でいつものヨーグルトがホテル朝食に!【山口県山陽小野田市】

1 min 90 views
タグ:

素敵に陳列されていたガラスの器「CLASS GLASS」。私の家でもその輝きを発揮できるのか半信半疑で、興味津々。私は早速2枚を購入して、いつものヨーグルトにジャムを少々かけてみました。結果、いつものヨーグルトなのに、いつもと違う。ホテルの朝食みたいな一皿に、うきうき気分も上がりました。 

5人のガラス造形作家が制作するブランド「CLASS GLASS」

今年3月にお披露目した山口県山陽小野田市のガラスブランド「CLASS GLASS」。「暮らす」に寄り添うやわらかさと、凛とした上質な「CLASS」をあわせもち、この地で表現を磨き続ける5人のガラス造形作家が制作するブランドです。

市の強力プッシュのブランドだけど、私の「暮らす」にも寄り添ってくれるのかと試してみたところ、本当にばっちり寄り添いつつも輝く一皿になりました。ちなみに、もう1枚に葛切りをよそったら、甘味処みたいな素敵な雰囲気になりました。この作品をつくられた池本美和先生曰く「日常使いしやすいように、厚めに制作している」とのことです。

「CLASS GLASS」の作品は、今後増えていく予定。ガラス造形作家5人の個性を楽しむことができるので、プレゼントするときは相手に合わせたチョイスができます。

8月から、山陽小野田市のきららガラス未来館で「CLASS GLASS」作品の販売をスタートしています。同館は、建築家の隈研吾氏が設計を手掛けていますので、一見の価値ありです。

「CLASS GLASS」の生まれる地を紹介した動画はなぜか懐かしく、ガラスの音をメロディーにした透明感溢れるBGMと合わせて、おすすめです。

情報

【きららガラス未来館】

  • 〒756-0877 山口県山陽小野田市焼野海岸
  • 0836-88-0064
  • 開館時間 9時00分~17時00分
  • 休館日 月曜日、火曜日
  • https://www.onodaglass.jp

杉山さんの投稿

タグ:
ローカリティ!山陽小野田

ローカリティ!山陽小野田

山口県山陽小野田市

ローカリティ地域版

「ローカリティ!山陽小野田」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「山陽小野田市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の山陽小野田市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです。