年をとった母に「足が悪くても花見がしたい」と言われ、ダンボールの折り畳み椅子を作りました【愛知県名古屋市】

2 min 76 views

段ボールの可能性を追求している付加価値創造合同会社は、色々な段ボール企画商品を展開しています。実家は段ボール用の針金製造をしています。

ある日、母親に、「年をとって足が悪くなって気軽に座れる椅子がほしい」と言われ、手軽に持ち運べる段ボールの折り畳み椅子を作りました。母は「これで花見ができる」と喜んでいました。

そして、コロナの終息も見えてきた今、一人でも多くの方にお出かけの際のちょっとした休憩ツールとして、ご利用していただきたいと考えて、一般向けに販売を開始しました。

今回、折り畳み段ボール椅子(商品名「どこでもイース」)から、敬老の日や母の日にギフト(商品名「母の椅子」)を、2023年3月1日、販売開始します。

「母の椅子」は、持ち運びができるだけではなく、側面にイラストを入れることができ、お母様へギフトとして、お孫さん・お子さんの思いを椅子に描き贈ることができます。

リサイクル優等生の段ボールの特徴として、軽く、強度があり、また、印刷が容易です。

その特徴を活かしたお孫様・お子様からの思いのこもった手書きを贈ることができるオリジナルギフトになります。母の日に、単にお花を贈る文化だけではなく、どこでもちょっとした行列や場所取りの際に休憩が出来るギフトはいかがでしょうか。 

母から、父、そしておばあちゃん、おじいちゃんに

折りたためばA4サイズの厚み10ミリ程度のサイズ感なのでカバンにも簡単に入ります。

行列や、場所取りに 簡単に持ち込んで休憩に使えます。

私の母が体験したように、高年齢化の時代に、多くの方が楽して欲しいという思いで販売します。

情報

付加価値創造合同会社

  • 住所:〒466-0037 愛知県名古屋市昭和区恵方町2-36
  • TEL:052-680-9099
  • FAX:052-846-2578

お問い合わせ先

  • CEO:多和田 博
  • 電話番号:090-3953-6101

商品 ※税込・運賃込

  • シールバージョン(1,980円):シールに手書きのデータを印刷して貼ります。
  • お手書きバージョン(1,400円):直接段ボールに描きます。

多和田博さんの投稿

ローカリティ!名古屋

ローカリティ!名古屋

愛知県名古屋市

ローカリティ地域版

「ローカリティ!名古屋」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「名古屋市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の名古屋市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです。