ボコボコ…聞こえる地球の音!レアな天然炭酸温泉は、温冷交互に入るのが気持ちいい 花山温泉体験記【和歌山県和歌山市】

2 min 100 views

和歌山の一番の魅力は温泉!和歌山に移住して20 年の私がおすすめする温泉は?!

私は和歌山に移住して20年になります。きれいな景色、おいしいお魚…。和歌山にはたくさん魅力がありますが、一番の魅力は温泉が多いところです。忙しい日常に疲れたときに温泉に入るとほっとしますよね。和歌山県内には白浜温泉、勝浦温泉など、有名な温泉が何か所もあります。

その中で私が住む和歌山市にある花山温泉を紹介します。

自噴天然炭酸温泉で自然の力を感じてください

花山温泉外観(花山温泉フリー素材)

花山温泉は和歌山市の鳴神(なるかみ)にある温泉施設です。阪和自動車道和歌山 IC から5 分ほどの便利な立地にあります。宿泊施設もあり、県内外からたくさんの人が訪れてにぎわっています。

受付の近くには湧き上がる温泉が見える展示


温泉の受付のそばに「地球の音を聞いてください」というフレーズとともに花山温泉の温泉が湧き上がっているのが見られるコーナーがあります。ボコボコ…という音とともに炭酸温泉が湧き上がっているのがわかります。

これが機械でなく自然の力だと思うと、ただただ驚きでいっぱいです。

地球の音を聞いてください!

さまざまな温度が楽しめる茶褐色のにごり湯

花山温泉の浴槽(花山温泉フリー素材より)

浴室に入ると茶褐色の温泉が飛び込んできます。

源泉は 26℃、大浴槽41.5℃、小浴槽38℃で、露天風呂は40℃となっています。
いろいろな温度の温泉につかることでのぼせることもないので、長くはいっていられます。

一番のおすすめは温冷交互の入り方です。
41℃と26℃の温泉に交互に入ると体がぽかぽかします。夏の暑さには26℃の冷たい源泉が最高です。

成分の濃さも人気の秘密

茶褐色の温泉(花山温泉フリー素材)

花山温泉の温泉の色はとても濃く、茶褐色で浴槽の底がみえません。また、浴槽や手すりにも茶色い色の析出物(せきしゅつぶつ)がこびりついています。

この温泉には高濃度のナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分が多く含まれています。湧出時は無色透明ですが空気に触れ次第に茶褐色になります。

週に一度の休館日には、茶色い成分の塊を取り除く作業をしているそうです。

この濃い成分がたくさんの効能をもたらし、温泉客同士の会話で「肩こりがましになる」「よく眠れる」などという声がきこえます。

私も花山温泉に入ると疲れがとれるので、ほとんど毎日通っています。

【花山温泉 薬師の湯】

住所:和歌山県和歌山市鳴神 574 
TEL: 073 471 3277
日帰り入浴:8:00~22:00(最終受付21:00)
定休日:木曜(祝日営業)

■利用料金
大人 1,150円、小人580円
<夕方17時以降割引料金>
大人 900円、小人 450円
<手ぶらセット(バスタオル+フェイスタオル)>
440円

花山温泉ホームページ
http://www.hanayamaonsen.com/

久松公代

久松公代

和歌山県和歌山市

編集部校閲記者

第5期ハツレポーター/京都府宇治市産まれ。社会福祉士。父は大阪出身、母は東京出身で子どものころから地域による言葉の違いや風習の違いを感じてきました。和歌山市に移住して18年たちます。暮らして気づく和歌山の良さを伝えて行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です