歴史の語り部と若き移住者。相乗作用で前に進む美浜町三尾地区

和歌山県美浜町の「アメリカ村」と呼ばれる三尾地区。 地元出身で、地域の歴史が伝承されない危機感のもと語り部として活動するカナダミュージアムの三尾さん。 そして、移住し新たな場作りとビジネスに挑戦する「ダイヤモンドヘッド」 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

滞在して!聞いてみて!小さな魅力が散らばる宝箱のような集落(和歌山県美浜町三尾地区)

和歌山県の美浜町は和歌山県で2番目に小さい町。その中にある三尾地区は美浜町の中心部から更に海沿いに進んだところに突如現れる集落である。 ここはカナダへ移民した方が戻ってきた際、カナダの様式を取り入れた日本家屋があったり、 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

和歌山県日高郡三尾のアメリカ村🇨🇦?🇺🇸?

(宮坂 浩邦 さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

カナダ・バンクーバーのキングサーモン漁と深い繋がりがある和歌山県美浜町三尾地区

今から34年前の夏、カナダで貧乏旅行をしていた時に初めて食べたキングサーモンを思い出します。 カナダのフレーザー川の河口の街、リッチモンドで食べた逸品。 私の母の従姉妹のご主人(吉原さんという方)が、 夏の禁漁時期でも漁 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

カナダ移民の歴史をもつ、和歌山県美浜町のアメリカ村。

和歌山県で2番目に小さなまち、美浜町はちょうど和歌山県の中心辺り、紀中と呼ばれる位置にあります。 煙樹ヶ浜という長い海岸線沿いを日ノ岬に向かって進むと小さな集落、三尾地区にたどり着きます。 「ようこそカナダ移民の町。アメ … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

大人のジュブナイル=冒険から学ぶ人生の軌道修正 あの夏休みはまだ終わっていなかった

〈小さな村から大海を渡り異国で成功した冒険家たち〉 紀伊半島の西端にある和歌山市と白浜の中間地点に日高郡美浜町はあります。面積は県内で2番目に小さく、人口は約7,000人です。 海に近い三尾地区は通称「アメリカ村」と呼ば … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。