ナイフで食べる寿司?ネタの下にネタが仕込まれたパワフルすぎるジャンボ寿司【山口県岩国市】

1 min 396 views
タグ:

日本の代表的な食である寿司は、誰もが知る通り、小さなシャリに魚介類などのネタを組み合わせた指3本程度でつまめるサイズの食べ物。それゆえ、しばしば「手で食べるのか、箸で食べるのか」という議論がおこる。

しかし山口県岩国市には「手」「箸」だけではなく「ナイフ」が登場する寿司がある。それが地元民にも人気だという寿司屋、力寿司の「ジャンボ寿司」だ。

穴子丸ごと1匹や、そのサイズに合わせたハマチや鯛などのネタは全長なんと20cmほど。このままでは「手」「箸」だけで食べられないため、「ナイフ」が一緒に提供される。

全長約20cm。ナイフなしでは食べられない寿司

ジャンボ寿司を頼んで驚くのは、その名の通り20cmほどにもなるネタの大きさだ。穴子1匹だけでなく、ハマチ、鯛が同じぐらいのサイズでドカンと提供される。

ネタは季節や時期によって変わるそうです。

同時に常識を覆されるのは、当然のように寿司と一緒にナイフが提供されることだ。「ご自身でナイフで切ってお召し上がりください」と寿司屋で言われることは、そうそうないだろう。

寿司をナイフで切って食べることはタブーなのか?革命なのか?

こんな寿司を前に、若干の戸惑いを持つ方も少なくないと思うが、このサイズではナイフなしで食べることが難しい。

ネタの下に仕込まれたネタ。嬉しいサプライズも

さらに驚くのは、ネタの下にネタが仕込まれていることだ。ハマチを切るためにぺろりとシャリから外すと……なんと海老が登場。

お得な気がする嬉しいサプライズである。このネタの下にネタを仕込むという発想も、他の寿司屋ではなかなかないだろう。

大きいだけではなく、ネタは新鮮でセットでついてくるお味噌汁もとても美味しく、食べれば気持ちもお腹も大満足なこと間違いない。この、山口県岩国市のビッグサイズだけれど隠れた名物を、ぜひ味わってみて欲しい。

タグ:
丸山 かなみ

丸山 かなみ

東京都台東区

副編集長

浅草在住、食べ物とお酒が大好きな「ローカリティ!」副編集長。

世界は知れば知るほど面白い。その面白さをキャッチして、とことん深堀りし、多くの人と共有できるように、日々、好奇心旺盛にアンテナを高くして生きていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です