山陽小野田から世界へ!『酒蔵 永山酒造』【山口県山陽小野田市】

1 min 165 views

山陽小野田産のもち米を使った日本酒『高泊』の製造元、永山酒造に自分好みのお酒を探しに行ってみた。

酒蔵に到着してすぐ、先週アメリカでおこなわれた全米日本酒歓評会2022で入賞したとのポスターが目に入り、美味しいお酒に出会える期待が高まる。

運よく杜氏の永山源太郎さんにも会え、今年の酒の出来具合を聞けた。

『もち米の酒  高泊』の今年の味を出すまで、約3年試行錯誤しながら味を決めたとのこと。

「色んな温度で、楽しんで欲しいです。」とアドバイスをもらいました。

「コロナの状況がよくなれば、酒蔵開催のイベントを行うので、遊びに来てください」と永山さん。

.

ちなみに、今夜は全米日本酒歓評会2022で銀賞に輝いた「山猿 大吟醸 中取り」を楽しむ予定です♪

コロナが落ち着いたら、酒蔵で開かれる飲み会にも参加するぞ!!!

 

  • 訪問先  永山酒造合名会社
  • 〒757-0001 山口県山陽小野田市厚狭367-1
  • TEL.0836-73-1234

.

(今井 昌之さん)
  

  

ローカリティ!山陽小野田

ローカリティ!山陽小野田

山口県山陽小野田市

ローカリティ地域版

「ローカリティ!山陽小野田」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「山陽小野田市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の山陽小野田市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です