麺じゃないちゃんぽん!沖縄のソウルフードをいざ実食!【沖縄県那覇市】

1 min 134 views

具だくさんの野菜、白濁のスープ、黄金色の麺、今日の夕飯はアレにしよう!

「おばちゃん、ちゃんぽん1つお願いします!」

しばらく待つと、厨房から料理が運ばれてきた。

「お待たせしました。ちゃんぽんです」

……?!こ、これは!!

ここは沖縄県那覇市にある食堂。鮮やかな黄色の看板が沖縄の街によく似合う。

お食事処 花笠

店内に入り、ずらりと壁に貼られたメニューから、選んだものは「ちゃんぽん」だ。

「ちゃんぽん」といえば、筆者の想像では冒頭にも書いた通り、具だくさんの野菜、白濁のスープ、黄金色の麺がデフォルトだが、沖縄では異なった。

「お待たせしました」と良い匂いと共に料理が運ばれてきた。

一見、卵とじの野菜炒め
ぱかっと開いてみると、中から白米がこんにちは!

おぉ!これが沖縄風ちゃんぽんなのか!

スプーンを使って頬張ると、優しいお味がなんとも落ち着く。

しかしなぜこれが、ちゃんぽんなのか。

調べてみてもわからず、想像するに「チャンプルーをご飯の上にポン!」

これが沖縄風ちゃんぽんの語源ではないだろうか。

何にせよ、沖縄ではこれが定番のちゃんぽんである。

「今日の気分は麺だった!」という方は要注意だ。

例外にもれず実は筆者、やはり麺も食べたくなりソーキそばも注文。

ハーフサイズで作ってもらいました!

箸で持ち上げると、重たく感じるほど大きなソーキが、柔らかく仕込んである。

沖縄そばならではの鰹だしが染み渡る一杯だった。

誤解が起きないように親切にメニューの紹介もしてくださっています

沖縄へ行った際には、定番ソウルフードともども、ちゃんぽんを選択肢に入れてみてはどうだろうか?

写真はすべて4月9日 筆者撮影

藤木彩乃

藤木彩乃

長崎県壱岐市

編集部コミュニティマネージャー

福岡県生まれ、沖縄県宮古島育ち、長崎県壱岐島在住。
けしごむはんこ「あやとりや」という屋号で作家活動をしています。最近はサーフィンと植物/野菜を育てることにハマってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です