「こだわりは自分が作ること」パティシエが作る絶品ベーグル【群馬県伊勢崎市】

2 min 80 views

〜この記事は、株式会社JTBふるさと開発事業部と合同会社イーストタイムズが共同で取り組んでいる「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」から生まれたハツレポです〜

アンフィーユは、群馬県伊勢崎(いせさき)市に2013年にOPENしたケーキ&ベーグルのお店です。伝統的なフランス菓子をベースにしたオリジナルケーキや焼き菓子、店主こだわりの国産小麦で作るベーグルを提供しています。

店主の雨笠加世子(あまがさ・かよこ)さんにお店のこだわりについて伺うと、「自分が気に入ったものを提供したい」という強い思いがありました。

もともとは結婚式場や飲食店でパティシエとして働いていたという雨笠さん。結婚を機に、退職しましたが退職後もパティシエの仕事を続けるためにアンフィーユを自宅の横にオープンしました。

アンフィーユは店主こだわりのベーグルが人気。筆者はパティシエがベーグルを作るのは少し意外に感じましたが、雨笠さんは笑顔でその理由を教えてくれました。

「前職の飲食店でベーグルを提供していたのですが、あまり自分の好みではありませんでした。自分でベーグルを作ってみたら思いのほか美味しくて、ベーグル作りにハマっていきました。伊勢崎はケーキ屋さんが多いので、他のお店がやらないことをやりたいなと思いベーグルのお店をオープンしました」

絶対的な信頼を持つ、自分の舌が選ぶものを提供したい

「今使っている粉は甘みがあり、水分を保ちやすく、ぱさぱさせずもちもちしていることが特徴です」と雨笠さんが話すように雨笠さんの粉へのこだわりは強く、100種類ぐらいの小麦粉を試したうえでベーグルにあっていると思うものを選んでいるといいます。

「自分の舌に絶対的な信頼を持つからこそ、自分の好きなものを提供したいんです」と雨笠さん。「自分が好きなものであれば、お客さんも喜んでくれる」というパティシエとしての自信を感じました。

伊勢崎の美味しい野菜を食べてほしい!今後はサンドイッチにも挑戦

雨笠さんの今後の目標はカフェをオープンし、サンドイッチを提供すること。

「伊勢崎の野菜はすごく美味しいので、野菜を使ったものを販売したいなとは思っていました。ベーグルに練りこむなど色々と試したのですが、素材を活かすためにはサンドイッチが最適だと思いました」

現在は桐生市内のシェアキッチンを借りてサンドイッチを提供していますが、いずれはカフェとしてサンドイッチを提供したいと雨笠さんは話します。

今後の展開もわくわくする取材でした。お店に足を運び、店主こだわりのベーグルをぜひ楽しんでみてください。

齋藤由佳

齋藤由佳

宮城県仙台市

第4期ハツレポーター

東北を自分の言葉で伝える楽しさを、ハツレポを通して学んでいきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です