まるで焼き芋を食べているようなクッキー!?サトウキビ畑に囲まれた小さな焼き菓子屋の紅芋クッキー【沖縄県久米島町】

1 min 290 views

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。
この投稿は、参加事業者がみずから自身の魅力を発掘したもので、ローカリティ!編集部のサポートを経て、皆さんの心に届く『輝くお宝』にブラッシュアップしたものです。沖縄離島の魅力をご堪能ください。

沖縄の離島、久米島の中でも人里離れた場所に位置する 焼き菓子屋Cercle (セルクル)に、「食べ出したら止まらない!」とリピーターが続出する程のお菓子があります。

紅芋のクッキー缶「UMU YA-CHI(ウムヤーチ)」。

UMU=芋 YA-CHI=焼き物 を意味する沖縄の方言を使ってネーミングし、まるで焼き芋を食べてるようなお味になっています。

長く愛されるお菓子を目指して、今日も丁寧に焼き上げます。

#久米島 #Cercle #セルクル #焼き菓子屋 #沖縄 #沖縄土産 #クッキー #クッキー缶 #cookies #手土産 #手土産スイーツ #紅芋 #芋スイーツ #芋 #potato #お菓子屋さん #離島 #okinawa #スイーツ #焼き菓子屋さん #紅芋クッキー #離島巡り #離島暮らし #手作り #手作りお菓子 #添加物不使用 #着色料不使用 #美味しい

Cercle(セルクル)

Cercle Instagram

https://www.instagram.com/p/Cw_-plkOqyp/?img_index=1

久米島

Cercle(セルクル) 吉永円さんの投稿

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

沖縄県

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。

この投稿は、参加事業者がみずから自身の魅力を発掘したもので、ローカリティ!編集部のサポートを経て、皆さんの心に届く『輝くお宝』にブラッシュアップしたものです。沖縄離島の魅力をご堪能ください。

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です