シーサーはもれなく癖毛?現地調査で真相を突き止めてみた!【沖縄県那覇市】

2 min 173 views

これは、とある旅先で発見した記録である。

私はその時、沖縄県那覇市を旅していた。

最近おしゃれな暮らしに憧れを抱き始めた私は、沖縄のお皿が欲しいという一心で、スマートフォンの地図アプリを片手に壺屋やちむん通りに向かっていた。

地図アプリは今いる国際通りを抜けて少し歩いたら、壺屋やちむん通りに辿り着くと示していた。よし、このまままっすぐ進めばいいのだな、と顔をあげた瞬間、目の前に大きな像がそびえたっていた。

私の2倍はありそうな、巨大な壺屋焼きのシーザー像……の背中。

背中を向けているシーサーを拝むことも滅多にないなーー

そんなことを思ってシーサーを眺めていた時、重大な、とあることに気づいた。

ーーんん?シーサーってこんなに癖っ毛な生き物だったっけ?

果たして全身くるくるなのか

気になったら、調べずにはいられない性格だ。

一旦、壺屋やちむん通りのことは置いておいて、この像をくまなく見回してみることにした。

顔まわりーーくるくる。

尻尾まわりーーくるくる。

足の周りーーくるくる。

壺屋うふシーサー像、どこからどうみてもーー全身くるくる!

いざ、現地調査!全シーサー、くるくる説。

なんてこった、シーサー像は全身くるくるだった。

なら、果たして、他のシーサーも同じなのか?

シーサーは、癖っ毛がスタンダードだというのか?!

これは、調査してみるしかない・・・!

シーサーが沖縄の守り神というのは本当だと、道を歩けば

国際通りや壺屋やちむん通りだけでもたくさんのシーサーに会うことができた。

よくある家のシーサー像ーーくるくる。

お店前のシーサー像ーーくるくる。

極め付けには、シーサーのイラストまでーーくるくる。

ネットでも探してみる、そして、結論。

私が出会ったシーサーだけがたまたま癖っ毛だったに過ぎない可能性もあると思い、勇気を出して他のシーサー事情をネットで調べてみることにした。

みなさんが今この記事を読んでいるということは、スマートフォンなりパソコンなりを使っているはずだ。そこで、検索バーを開いて、この4文字検索してみてほしい。

「シーサー」と。

……いかがだろうか?

どのシーサーの毛もくるくるしていないだろうか。

少なくとも、ストーレートがご自慢のシーサーを、私は発見することができなかった。

これはさすがに、声を大にして言ってもいいのではないか。
「シーサーは癖っ毛だったのだ」と……!

グミ

グミ

東京都

編集部記者

ローカリティ!編集部
誰よりも"もっと"あなたを面白がる、 グミです!
旅するように働く中で出会った、心がときめくローカルの魅力をハピシェアしていきます!

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です