来たる2021年!! コロナ収束を願い “初” 初詣ヘ

明けましておめでとうございます。2020年は新型コロナウイルスに振り回された1年でしたが、「今年こそは収束してほしい!!」と願って、人生“初”の初詣に行ってきました。

向かったのは、秋田県大仙市の中仙地区にある長野神社。須佐雄命や大国主命など、10の神々がまつられ、毎年秋には例大祭が行われている神社です。通りに面した1つ目の鳥居をくぐり、反対側の道に抜けると2つ目の鳥居に到着します。

ここからは杉林の道を進んでいきます。先日の寒波の影響で、灯籠はだいぶ雪に埋まってしまったようです。

社殿に到着しました。

両側の灯籠の内側には、本来であれば見えているはずの狛犬がいるのですが、わかりますか? 狛犬の頭に30cmほどの雪が積もり、見えなくなっていました。

さっそく神様にお願いを。

「2021年は昨年以上に新型コロナの感染予防対策を徹底します。無事、収束しますように」

願い事を伝え終え、顔を上げると……

そこには美しい彫刻が施されていました。

迫力のある龍、木鼻には獅子が彫られています。今まで何度も来たことのある長野神社ですが、こんな立派な彫刻があったことに、今回初めて気付きました。1年の初め、“初”の初詣で素晴らしい発見をして、幸先の良いスタートを切ることができました。

2021年が、みなさんにとって健康ですてきな1年になりますように。今年もよろしくお願いします。

千葉明日美

千葉明日美

第1期ハツレポーター / 秋田県大仙市

現在高校3年生です。課題研究という授業の中で、大仙市の特産品を使ったお土産と観光パンフレットを作っています。校外ではドンパン娘(http://donpan.hana.jp/donpan-girl/)として活動もしています。今まで発見・体験してきた大仙市の魅力を、余すところなく発信していきたいと思います。よろしくお願いします。