海賊伝説が残る無人島を見ながら食事ができる喫茶店

串本町の国道から約1キロ沖合に浮かぶ島【九龍島(くろしま)】

昔、源平合戦に活躍した熊野水軍の拠点であったと言われている。

今回はその九龍島のすぐ横にある【鯛島】に関連する情報をお届けします。

2つの島の反対側に、昔から地元民に愛され続けているお店があります。

昭和47年創業現在2代目で先代の娘夫婦が後を継いでいます。大阪で調理師をされていたようで提供される料理も凄く美味しくて人気。

店内は広々としていて観葉植物や照明がとてもいい雰囲気です。

かかっているBGMがまた心地よくてGOOD!

居心地が良くて眠たくなってしまうくらい落ち着く空間。

メニューもたくさんあって【豚の生姜焼き】が超オススメ!

今回は人気メニューの【生しらす丼】を頂きたいと思います。

獲れたて新鮮な生しらすを自家製醤油をかけて口いっぱいに頬張る。

本当に幸せでした!

皆さんも是非お立ち寄りください。

大見 晃生さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。