紀伊半島最後の清流の古座川、この川と街に魅せられた人のストーリー。

Uターンの代表であるモリトヨ商店の森さん。酒販の老舗を通して、古座の街に恩返しをする。

Iターンの代表である古座モリの坂本さん。古座の街と世界、古座の上流と下流を結びつけるコネクター。

この素晴らしき方々の取り組みには、この優雅な紀伊半島最後の清流である古座川と古座の街に魅せられたことが感じ取れる。

(喜田 洋さんの投稿)

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。