絶景を見ながら流れる童謡を聞いて動揺? 和歌山県すさみ町の「日本童謡の園」は吉野国立公園!?

【写真】吉野国立公園日本童謡の園入口。のどかな雰囲気

 

6月後半に訪れ、私に動揺をもたらした場所は、和歌山県すさみ町にある「吉野国立公園 日本童謡の園」。偶然訪れたために全貌は解明できていないが、あまりの面白さに伝えたくてたまらなくなり、体験したことだけを書いてみた。まずはこちらの動画を見て頂きたい。

 

【動画】”てまりと殿様”を聞きながら和歌山の景色をどうぞ

 

笑い声が入ってしまっているが、童謡を聞きながら目の前に見えるのは、吉野国立公園になっている「枯木灘(かれきなだ)」と呼ばれる絶景である。銅像の横にあるボタンを押すと陽気に…時にはしんみりと流れる童謡は全てフルコーラス。興味本位で押したら最後まで聞き続けなければならず、途中で止めることはできない。銅像は広場に3体あったので、全て聞くなら10分以上滞在が必要だ。

 

【写真】広場は芝生もきれいに刈り取ってあり、ピクニックなどにも良さそう

 

園内は広場と遊歩道に分かれており、遊歩道を歩くとやはり童謡が流れるが、こちらはセンサーで反応するので、避けることはできない。知らずに曲が流れ始めたときはびっくりして、思わず声を上げてしまった。センサーは7ヵ所確認ができ、ステレオも各所完備してある。なかなかハイテクな作りだ。

そんな遊歩道には見晴らし台が設置してあり、「海」の童謡と共に海が一望できる。歩いていると、だんだん童謡が流れるのが楽しくなってくる。こちらでは残念ながら、センサーが反応せず聞けなかったので、物足りなくなり思わず自分で歌ってしまった。

 

【写真】新しい感じのする見晴らし台
【写真】海はひろいな~♪

 

見晴らし台からもう少し歩くと、春日神社や灯台がある江須崎島につながっている。今回は散策できなかったのが残念だが、江須崎島は国の天然記念物に指定されているようだ。

 

【写真】気になる江須崎島へはまた次回

 

吉野国立公園というと、奈良の「吉野山」の一面の桜の景色や、奈良県、三重県、和歌山県の県境を流れる渓谷「瀞峡(どろきょう)」など、風光明媚なイメージだが、ここ「枯木灘」も雄大で素晴らしい。しかしながら、このすさみ町の「童謡の園」は、「枯木灘」を目にしながらも、雄大なイメージとは違って、思わず笑ってほっこりしてしまう場所だった。

次回は全貌を解明すべく、もう一度足を延ばしたいと思っている。

並木真弓

ハツレポーター

ふるさと:
東京都渋谷区(生まれ)、千葉県習志野市(育ち)、和歌山県田辺市(面白過ぎて移住)

ローカルな中の更にローカルな物や事や歴史を見つけて「ヤバい!!」と思うことが大好きです!
和歌山県・三重県・奈良県をはしる世界遺産 ”紀伊山地の霊場と参詣道” 通称「熊野古道」への愛が止まりません。