「ヨガをしたいと思った人にやってほしい」純粋な想いで人を繋ぐ優しいヨガ

(写真)太平洋の海をバックに、ヨガのポーズをとる垣内さん。

和歌山県田辺市在住のヨガの先生、垣内京子さん。普段は公民館やカルチャー施設で、ヨガを教えています。

私がヨガを初めたきっかけは、垣内さんがイベントとして開催した「オンラインビーチヨガ」。ヨガを多くの人に知ってほしいと、以前からちょうど良い気候の時期にだけ、不定期で開催しているそうです。

波の音と夕暮れの中で行うヨガ。深い深呼吸と身体の動きで、心と身体をとても温めてくれて、私自身もとてもリラックスできました。

(写真)「オンラインヨガ」の様子。写真右奥、パソコンに映る垣内さんのヨガを真似てポーズをとる私。写真左、友人。

垣内さんは日本での勉強はもちろん、コロナ前までは定期的に海外に行き、その地の人たちとヨガを共有し、勉強しているそうです。

「海外では、日本とは違った集中力や価値観、生活環境の方々と、その場所のヨーガを共有できる」(※「ヨガ」は「ヨーガ」とも言います)

そう話す垣内さんは、1度海外に行ったら、3か月くらい滞在する時もあるそう。今後も1年に1度は海外で学びたいと考えています。

「ヨーガをしたいと思った人にやってほしい」

その言葉が私には、単純なようですごく納得しました。

興味はあるけどずっと手がつけられずにいた私は、最近は忙しい間をぬって垣内さんのヨガを習いに行っています。

「今まさに必要だ」と感じて、繋がったご縁な気がします。ヨガに興味のあった私の友人も、これをきっかけにヨガに一緒に通うことになりました。

「来れる時に自由に来てくれればいいですよ〜」

そう言ってくれる垣内さんの優しく穏やかな雰囲気が、ヨガにも表れている気がしました。

ヨガには、呼吸、姿勢、身体の動き、それに瞑想を組み合わせることで、自律神経を整える働きもあります。

まさに「ヨガをしたい」と思った時、その人自身が必要とした時に、ぜひ体験してほしいです。

垣内さんのヨガ教室情報

■スポーツ&カルチャーセンター「プレジール」(和歌山県田辺市文里2-37-25)

■公民館での開催も

田辺市立東部公民館(和歌山県田辺市神子浜1-4−66) 

毎週水曜日19:00〜20:30

詳しくは、shanti.kyocom@gmail.com にお問い合わせください。

浜口彩歌

浜口彩歌

ハツレポーター

ふるさと:
石川県輪島市(出生地)、愛知県名古屋市(幼少期)、大阪府茨木市(4年間)、千葉県船橋市(20年間)、和歌山県田辺市(10年間)

世の中には魅力がいっぱい。それに気付くと楽しいんです。