夜の商店街は「エモい」【静岡県沼津市】

1 min 155 views
写真はイメージです(写真ACより)

夜に光る商店街に、もの悲しさを感じる。

沼津の商店街は、夜歩くと、シャッターだらけで店も営業していない時間なのに、明るく光っている。

通るのは学校帰りや仕事帰りの人々。用もないけれど、商店街を通って帰宅する。

栄えている駅近くのビルとは対照的に、駅から離れ、シャッターだらけの商店街を見ると寂しかった。でもこの商店街を通る時は何も考えずにいられる。

店は閉まっているのに明るく光り続けている商店街に、都会には無さそうな栄枯盛衰のはかなさ、そして「エモさ」を感じる。

鈴木千咲紀さんの投稿

韮山高校写真報道探究部

韮山高校写真報道探究部

静岡県伊豆の国市

ローカリティ地域版

静岡県立韮山高等学校写真報道探究部は、写真・報道・探究の幅広い活動に、部員が情報共有し合いながら取り組んでいます。日々磨いてきた文章力・写真技術・探究的な課題発見力を生かし、全国に地元の魅力を発信します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です