網走の人だけが知っている、ソウルフード 「長天」を使った長天カレー 【北海道網走市】

1 min 957 views
写真はイメージです(写真ACより)

網走市民のソウルフードといえば「長天」、一般にさつま揚げと呼ばれるものです。

そのままでももちろん、煮物や炒め物など色々な料理につかわれますが、その中でも1度チャレンジしてもらいたいものがカレー。

市内の大谷蒲鉾店では、北海道産のすり身にこだわり、運が良ければ揚げたても買うことができます。冷凍すり身の発祥地網走で長天をぜひ。

 網走市民にはおなじみの「長天」。魚のすり身に味を付けて油で揚げた物で、一般的にさつま揚げと呼ばれるものですが、網走では「天ぷら」と呼ばれ、その中でも長方形のものを「長天」と呼びます。大きさはスマホを少し縦長にしたくらいで、こんがり揚がったキツネ色が美味しそう。

そのままでももちろん、煮物や炒め物など色々な料理に使います。その中でも1度は食べてもらいたいのが長天カレー。肉の代わりに一口大に切った長天をカレーに入れたもので、目からウロコの味。カレーの辛さをほんのり甘い長天がマイルドにして子供にも人気です。

網走で長天を売る蒲鉾屋は、昔は24軒を数えたものの現在は3店舗を残すのみとなり、それぞれに秘伝の作り方があり味も違います。

そのうちの大谷蒲鉾店は創業66年で現社長の大谷朝彦氏で4代目。ナルト・チクワ・板蒲鉾、そして天ぷら等、30種ほどを作っているそうです。

原料はスケトウダラのすり身。取材に伺った日の原料は余市の工場から来たもので、すべて 「北海道産にこだわっている」 そうです。

網走は冷凍すり身の発祥地で昭和30年代に網走で事業化されたという歴史があります。

しかしスケトウダラの漁獲量が減り、現在網走にすり身工場が無い状況で輸入原料も多い中、北海道産のすり身にこだわった天ぷらはとても嬉しいですね。

大谷蒲鉾店の商品は地元のスーパーや商店、そして工場でも直売を行っていて、運が良ければ揚げたても購入できます。

世界共通語「SURIMI」の発祥地網走で、ソウルフード長天をぜひどうぞ!!

武内 孝行さんの投稿

ローカリティ!網走

ローカリティ!網走

北海道網走市

ローカリティ地域版

「ローカリティ!網走」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「網走市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の網走市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です