高尾山は「蛸(たこー)山」。タコ杉、タコ供養碑、タコ御守りが揃うパワースポット【東京都八王子市】

2 min 710 views
世界でも大人気の「高尾(たかお)山」は、実は「蛸(たこー」山!?

東京都心から1時間ほど。海外からの観光客にも大人気の高尾山は、豊かな自然に恵まれ、「世界一登山客が多い山」とも言われています。

しかし、この「高尾(たかお)山」が、まさに「蛸(たこー)山」であることを知る人はあまりいません。多くの人は「誰もが登れる」「『天狗』の山」だと思っているのではないでしょうか。

実はこの高尾山、世界でも非常に珍しい「蛸」を崇める(あがめる)山なのです。今回は、高尾山の「蛸」を崇めるスポットとその伝説をご紹介します。

天狗が神への道を作る時に、大樹に生えた「タコ足」

高尾山には、厄除け、開運、良縁成就、金運向上、商売繁盛など多岐にわたるご利益があるとされる修験道の聖地「高尾山薬王院(やくおういん)」があります。当時より、多くの人々がこのご利益を享受したいと登山をしていましたが、高尾山は急勾配の山(※1)であり、道が整備されていない時代は、登ることがとても困難だったとか……。

※麓に近い登山道は急勾配であるためケーブルカーがひかれましたが、日本一急勾配のケーブルカーとなっています。(2023年7月現在)

そこで、多くの人がお参りをしやすいようにと「天狗」が集まって参道工事をした時、どうしても邪魔な大きな杉がありました。この杉を切り倒すしかないとなった翌日、杉がタコのように足をからめながら、道を開けたという伝説があるのです。(諸説あり)


この伝説から、この杉は「たこ杉」と呼ばれ、「道を開く=開運」の象徴となりました。

タコ杉、タコ供養碑、タコ御守り。蛸を崇める本気度が伝わる?

「たこ杉」は見た目だけでなく、樹齢も若くはなく、推定樹齢450年、樹高37m、目通り約6mとインパクトのある存在です。

その杉が「道を開く=開運」の象徴として設置されたのが、タコの像です。大きく「開運」と書かれており、触るとご利益があるそうです。

杉の左側には「蛸供養碑」も設置されており、「たこ杉」への敬意が感じられます。

さらに「蛸」を崇める思いは「高尾山薬王院」にも。「開運合格祈願鉄蛸(てつたこ)」という合格祈願の蛸が鎮座している

合格祈願のための蛸のお守りももちろんあります。

一時期は「置くとパス(蛸=オクトパス)」という触れるモニュメントもあったそうですが、今はなくなってしまったそうなので、関心がある方は調べてみてください。

高尾山を登りながら、神聖さとユーモラスさを味わう

高尾山は、このように「蛸」という視点で見ると、今までと異なる楽しさを味わえるのではないでしょうか。神聖さなのか、ユーモラスさなのか。感じるのは個々人次第ですが、ぜひ高尾山に登る機会があったら、思い出してみてください。

丸山 かなみ

丸山 かなみ

東京都台東区

副編集長

浅草在住、食べ物とお酒が大好きな「ローカリティ!」副編集長。

世界は知れば知るほど面白い。その面白さをキャッチして、とことん深堀りし、多くの人と共有できるように、日々、好奇心旺盛にアンテナを高くして生きていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です