気付けた身近な幸せ。上富田町上空に現れた、晴れ渡る青空と白い雲

眼前に広がる、青空と白い雲に心奪われました。

雲だけが広がる空、雲一つ無い真っ青な空は見たことはあっても、
真っ二つに割れたような空に出会ったのは初めての体験。

その時なぜか、
人生の悩みで頭がいっぱいになり、
空を眺める余裕も無かった昔の自分を思い出しました。

それを思えば、
ひとときだけの空模様を、
心が動かされるままに見上げられる日が来ようとは……。

日常にある身近な幸せに気付くことができて、
心がほわほわして
なんだかくすぐったくなりました。

※動画には私の声が入っています。再生の際は音量にご注意ください。

柴田和枝

第1期ハツレポーター / 和歌山県田辺市

出身は鹿児島県で、大学時代は岡山県におりました。現在は田辺市の「Bar Oct.」に勤めています。今の目線でふるさとを見てみたい、そして地元を、ふるさとを、もっと好きになりたいという思いから、参加させていただきました。これからどんなローカルな話題が出てくるのかワクワクしています。