和歌山県田辺市の秋津野ガルテンが成功している理由とは?

和歌山県田辺市の秋津のみかんはとても有名である。 個人的には有田みかんより美味しいと思っている。秋津のみかんは日本一種類が多いらしい。確かに。早生に始まり、温州みかん、ポンカン、デコポン、せとか、清見など。本当に美味しい … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

炭焼き職人、明子さんの悩みとは

2017年、堀部明子(ほりべ あきこ)さんは愛知県知多市から田辺市秋津川へ移住した。 現在、夫、剛史(たけし)さんと共に炭焼き職人をしている。「ここに来るまで備長炭は全く知らなかった」と話す明子さん。男性が多い炭焼き職人 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

80種類もの柑橘を栽培する聖地で作られる “本当のみかん” スイーツ

和歌山県田辺市は、紀州南高梅とともに、温州みかんをはじめとした柑橘の産地である。中でも上秋津地区は日本全国でも随一の柑橘の産地で、年間を通してなにかしらの種類の柑橘が収穫されている。そんな柑橘の名産地である上秋津では、「 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。