地域の人と想いを未来へつなぐ『地杉のはがき』【鹿児島県屋久島町】

1 min 139 views

屋久島の南部、麦生(むぎふ)集落。日中はとても暖かく、モッチョム岳が連なる山々はまさに絶景だ。屋久杉土埋木(やくすぎどまいぼく)の伐採がされていた時代、多くの人口林(地杉)が植林された地域で、山岳信仰の文化が受け継がれている。その人々の暮らしに迫った。

一面モスグリーンの苔の絨毯に覆われた「大山神社」

麦生は、温暖な気候からポンカンやタンカンなどの島を代表する特産品を栽培している農家が多い。その集落の真ん中に、「大山神社」という、山の神を祀っている神社がある。杉林の森は一面モスグリーンの苔の絨毯に覆われており、とても神秘的だ。

地杉で作られたはがき制作

その地域の魅力を子どもたちに伝えるため、地杉で作られたはがき(ウッドショップ木心里で制作)に、思い思いの絵や「いつも、ありがとう。長生きしてね。」などの言葉が添えられ、感謝の気持ちを込めて作成された。

敬老の日に、地杉のはがきを子どもたちから直接手渡し

「地杉のはがき」は、9月19日の敬老の日に、子どもたちから直接手渡しされたほか、郵送にて届けられた。コロナ禍で、希薄になっていた地域の人と想いを、島の木々で繋いだイベントとなった。島の先人たちが、百年後も千年後もよい森にしたいと植えられきた杉は、これからも島の人々の暮らしと共に歩んでいくのだろう。

日髙ゆかりさんの投稿

ローカリティ!屋久島

ローカリティ!屋久島

鹿児島県屋久島町

ローカリティ地域版

「ローカリティ!屋久島」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「屋久島町ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の屋久島町ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです