障がいのある方が、一針一針丁寧に仕上げる本革メモカバー【福岡県福岡市】

2 min 102 views

〜この記事は、株式会社JTBふるさと開発事業部と合同会社イーストタイムズが共同で取り組んでいる「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」から生まれたハツレポです〜

福岡市博多区の工業地区にある芙蓉(ふよう)株式会社は、福岡市指定障がい福祉サービス事業者として印刷関連や製造事業を行っています。

社長を務める三輪公平(みわ・こうへい)さんは、以前デザイン事務所に勤めていて、パッケージデザインや商品開発のディレクションを担当していました。同僚のデザイン制作担当者は障がいを持っておられたそうですが、素晴らしいデザイン能力を生かして活躍していました。「障がいの有無は特に仕事に関係がない」と、身をもって体験したそうです。

「時代の流れで精神障がいを持つ方が増えている。そういった方々と働く場を作りたい」との思いから、社長のデザインスキルを生かし、障がいを持つ方々とともに文房具を製造しています。

「みんなでやる」と決めた、手作り本革カバーへの挑戦

※メモカバーに使う本革

「リーダーズメモ」は洗練された社名である「Fuyo」のロゴに、国産レザーのカバーという組み合わせで、高級感を演出しています。

当初はメモ帳のみを販売していましたが、思うように売上が伸びませんでした。そこで工場で働く皆さんで話し合った結果、メモ帳用の本革カバーを作ることになりました。

大きい革から型に合わせて切り出す作業をはじめ、カバー作りに関するさまざまな行程を、一から技術習得する日々が続きました。

なかでも難しいのが一針一針、革を縫う作業です。真っすぐ均等に縫うという作業は難しく、習得するまでに時間がかかりましたが、およそ1年かけて、ようやく商品化することができました。「みんなでやろうと決めたことだから、諦めずにできた」と、社長は言います。

 

「誰もが自分に合った仕事を見つけられる」社会を目指して

今では社員の皆さんが革の扱いにもすっかり慣れて、熱心に作業をしているそうです。

革の磨きがうまい人は「磨き」、縫うのがうまい人は「縫う」、切るのがうまい人は「切る」。

誰でも得意なことと不得意なことがあります。得意なことを仕事にすれば良いと思います。

障がいがあってもなくても、みんなが自分に合った仕事を見つけられる社会を目指して、芙蓉株式会社はこれからも新しい商品をデザインしていきます。

田口有香

田口有香

長崎県壱岐市

校閲記者兼コミュニティマネージャー

第4期ハツレポーター/ライター兼農家の嫁であり、3人の子どもの母。生まれ育った大阪から壱岐島に家族で移住。
壱岐島は長崎県の離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群のアクセス!!海がきれいなのはもちろん、お魚もお肉も野菜も米も焼酎もそろっておりグルメも自慢できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です