青空の下で満開の桜。今年も静かに新緑の季節ヘ

(写真)大仙市中仙地区の桜並木=今月25日、筆者撮影 

秋田にもようやく春がやってきました!!

秋田県大仙市中仙(なかせん)地区では、今年も桜が満開となりました。

「大曲の花火」で有名な大仙市ですが、実は、この中仙地区が桜の名所として知られています。大仙市の「花」は、花火だけじゃないんです。

国道105号線沿いにある「道の駅なかせん」周辺では、『なかせん千本桜プロジェクト』が進行中。プロジェクトでは、道の駅裏の斉内川堤防や桜の名所・八乙女山の桜の魅力を最大限に引き出そうと、さまざまな事業に取り組んでいます。

今年も静かに風に吹かれた桜。新緑の季節ヘ向け、そっと、力強く芽吹き始めました。来年はたくさんの笑い声に包まれて、にぎやかな夏を迎えられるといいですね。

(写真)2018年4月に撮影した際の中仙地区の桜並木。コロナ禍がなければ、今年も大勢の人が花見を楽しみに集まっていたはず。来年に期待したい。
千葉明日美

千葉明日美

第1期ハツレポーター / 秋田県大仙市

現在高校3年生です。課題研究という授業の中で、大仙市の特産品を使ったお土産と観光パンフレットを作っています。校外ではドンパン娘(http://donpan.hana.jp/donpan-girl/)として活動もしています。今まで発見・体験してきた大仙市の魅力を、余すところなく発信していきたいと思います。よろしくお願いします。