変なTシャツの店主でおなじみの、街に元気を与えるパン屋さん「パン工房むぎ麦」【北海道苫小牧市】

2 min 215 views

北海道苫小牧市澄川町にあるパン工房「むぎ麦」。

店主の石見勝政(いしみ・かつまさ)さんは、長年地元のパン屋さんに勤めていたが、3年前に独立開業した。

長年のパン職人として、味はもちろん、「大事にしているのは、地域との関わり方」と言い、積極的に地域の活動にも参加。

「にし活」という、地域交流団体を立ち上げ、苫小牧市内・西側地域の企業に呼びかけて、ごみ拾いや交流を目的とした卓球大会などを開催している。

また「若い世代を巻き込み、常に頭を柔らかくしたい」と語り、子ども職業体験として、「むぎ麦」の1時間店員体験などを開催している。

子どもたちにとっては、働くことで、ものの見方が変わり、「むぎ麦」にとっては、若い世代と触れる事により、柔軟な考えを得ることができる。お互いに「win-winの関係」を築けることが大事と、石見さんは語る。

そんな、真面目な思いを語る石見さんだが、なんと!彼のトレードマークは、「変なTシャツ」である。

見た方が「クスッ」と笑ってしまうようなTシャツは、数々のエピソードを持つ。

「ダメ人間」と書いたTシャツを着ていた時は、見知らぬ人に「あなたはダメ人間じゃないです!」と声をかけられたとの事。

来店の際には、ぜひ「変なTシャツ」も楽しみにして欲しい。

「むぎ麦」の陳列パンは、多い時で40~50種類。

おすすめのパンは、食パンや塩バターパンなどで、「中に具材が入っていない、パンそのものの味を感じて欲しい」とのこと。

一番人気の塩バターパンでさえも「まだまだ良いものにしていきたい」と、語る店主からは、パンに対する情熱と、向上心が伝わってくる。

記者は、取材の際、「塩バターパン」を購入し食した。

サクッとした表面を一口かじると、バターの味が口の中に広がり、

ほのかな塩味のパンとの相性は、バッチリ!

一番人気なのも、うなずける味であった。

石見さんの今後の展望は、自らが運営する「にし活」の周知を広め地域の活性を行うことと、たくさんの新作のパンを作り、市民の食卓を楽しませることだという。

代表商品 塩バターパン130円 食パン300円(税込)

営業時間 水〜日曜日 9:00〜16:00 売り切れ次第終了

苫小牧市澄川町4丁目6-20  

(二瓶 竜紀さんの投稿j)

ローカリティ!苫小牧市

ローカリティ!苫小牧市

北海道苫小牧市

ローカリティ地域版

「ローカリティ!苫小牧」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「苫小牧市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の苫小牧市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です