竹本しんのすけ限界です!続報、限界宣言→照島FirstTake【沖縄県伊平屋村】

2 min 166 views

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。
この投稿は沖縄本島北部の今帰仁村運天港から伊平屋島行きのフェリーで80分ほどの距離に位置する伊平屋(いへや)島で、島の水や米にこだわり泡盛をつくっている伊平屋酒造の代表竹本進之介さんの投稿です。

先日の限界宣言により、(竹本しんのすけ限界宣言 はこちら)大変多くの皆さんにお声かけ、アイデア、ご支援頂きまして、何とか11月月末の資金繰りを乗り越える事が出来ました。(資金繰り、考慮・協力頂いた皆様、大変ありがとうございます。)

今回、SNSにて現状報告することで一歩づつ前向きなアクションが出来るようになりました。

それは酒造所としてずっと取り組みたかった、伊平屋島、伊平屋酒造所、私達とみなさん、だから出来る『照島FirstTake』の取り組みです。

私が深くかかわった、琉球泡盛テロワールPJから、泡盛に新酒の季節・文化を皆さんと一緒に育てるプロジェクトです。

『照島FirstTake』拡散希望です、宜しくご検討お願いします。

伊平屋酒造所『2024県産米新酒泡盛プラン』支援のお願い

照島FirstTake

 伊平屋島の水田から生まれる、1年で一回限りの初仕込みの限定酒。これまでの泡盛(原料:輸入タイ米)では成し得なかったフレッシュな県産新米による『新酒泡盛』という新しい文化を一緒に作り上げていただけませんか?

 伊平屋島で収穫された琉球泡盛テロワール米の初回蒸留を、FirstTakeとして皆さんと分かち合いたいです。

※琉球泡盛テロワール米『沖縄県産長粒種米』とは、2019年より始まった、沖縄県内で泡盛用原料米(酒米)として選定された長粒種米(タイ米)であり、原料にこだわった泡盛を製造する為のお米です。

<1万円プラン>

①照島FirstTake44度 一升瓶×2本をご自宅にご郵送します。(4月中旬予定)

②酒造り体験(お米収穫~蒸留までを配信とリアル参加にて共有します)

 ・2023年12月の琉球泡盛テロワール米収穫体験(交通費・宿泊費別)

 ・2024年2月~3月醸造体験(米蒸し・製麹・醸造40日)

 ・2024年3月末~4月蒸留体験(交通費・宿泊費別)

③支援者限定FBグループへご招待(他では知れない工場の情報発信)

④伊平屋酒造所のEC割引チケット

<3万円プラン/1口樽主オプション>

上記の照島First Take限定酒を、さらに伊平屋酒造所初挑戦の樽熟成酒まで一口樽主として応援。上記①~④に加え以下のオプションも追加返礼致します。

①照島FirstTake44度の樽熟成 一升瓶×4本をご自宅にご郵送します。

(バーボン樽にて6カ月~1年熟成後お届け、原酒との違いも楽しみ頂けます。)

②樽主認定証と樽主名刺のお渡し(伊平屋酒造所 樽主名刺100枚贈呈)

③伊平屋酒造所アンバサダー(伊平屋本社・営業所にてお酒を2割引き)

申込みフォーム
応援『照島FirstTake』<1万円プラン>チケット 伊平屋産テロワール泡盛新酒応援プロジェクト

伊平屋酒造 竹本進之介さんの投稿

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

沖縄県

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。

この投稿は、参加事業者がみずから自身の魅力を発掘したもので、ローカリティ!編集部のサポートを経て、皆さんの心に届く『輝くお宝』にブラッシュアップしたものです。沖縄離島の魅力をご堪能ください。

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です