道後温泉本館と歩みをともに、地域から信頼厚い水口酒造株式会社【愛媛県松山市】

2 min 83 views

〜この記事は、株式会社JTBふるさと開発事業部と合同会社イーストタイムズが共同で取り組んでいる「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」から生まれたハツレポです〜

 

道後温泉本館と歩みをともに、地域から信頼厚い水口酒造株式会社

日本最古の温泉といわれ、四国エリア屈指の人気観光地となっている道後温泉。明治27年(1894年)に開業した道後温泉本館と同じ時代に創業し、共に歩み続けているのが「水口酒造株式会社」です。

道後の街並みと調和する店舗兼主屋は、大正の初めに建築され、国指定登録有形文化財(建築物)にも登録されており、道後の銘酒「仁喜多津」、道後の湯上がりビール「道後ビール」だけでなく、焼酎、リキュール、クラフトジン、サイダー、カレーまであるのだそう。

また、周辺の自治体や地場産品の生産者の声に応え、周辺地域の名産品を積極的に商品に取り入れる姿勢により、地域から厚い信頼を寄せられています。

 

「暖簾を守るな、暖簾を破れ」若さと挑戦で成長を続ける老舗酒造

日本酒の製造量減少に危機感を抱いた、5代目現当主、水口 義継(みなくち よしつぐ)さんは、「道後の新しい名物を」との思いから、1996年に地ビールの製造に踏み切りました。​​

「日本酒の需要が減ったのはビールのせいなのに、酒屋がビールを造るなんてどうかしている」など、他の日本酒メーカーから心無い声を浴びせられることもあったそうです。そんな中、製造をスタートした道後ビールですが、今では会社の商品ラインナップの大きな軸となり、道後観光の名物の一つにもなっています。

「水口酒造には<暖簾を守るな、暖簾を破れ>という家訓があります。日本酒造りの伝統を継承しつつ、新しい挑戦として「地ビール」や「クラフトジン」などを製造し、あと100年、200年暖簾を守っていきたい」と話します。

こういった挑戦する姿勢から社員も世代交代が進み、今では半数以上が30歳代となっています。

 

観光客一人ひとりの「道後物語」を「道後ビール」で演出

ふるさと納税の返礼品の「道後ビール」のラインナップは、道後温泉で人気の全4種が2本ずつ揃った計8本。「湯あがり」というシチュエーションに合わせ、清涼感やのどごしを重視しています。その他に、道後ビールを自宅でも湯上がり気分で楽しめるようにと、道後温泉の入浴剤や、愛媛の美味しいものを味わえるセットも用意しているそうです。

とはいえ、道後温泉の雰囲気や現地の料理と一緒に楽しむのが、道後ビールを最も美味しくいただく方法です。ぜひ現地を訪れ、湯上がりに美味しいビールと料理を堪能して、それぞれの道後観光の思い出づくり「道後物語」を完成させてください。

栗田宏昭

栗田宏昭

ローカリティ管理者

神奈川県平塚市

ローカリティ!サイト管理者

第1期ハツレポーター
全米住みたいまちNo.1に選ばれた「ポートランド」で「コミュニティ開発」を学び、「ローカル」の重要性を叩き込まれた。地元の神奈川県平塚市でローカル市民メディア「平塚市民プレス」の立ち上げ経験があり、第二の故郷であるポートランドのカルチャーをクラフトビールと一緒にサブスクパッケージ販売する「桜泥棒BEER」を準備中。