「基本を丁寧、確実に」こだわり続ける安心・安全なお米づくり「フクハラファーム」【滋賀県彦根市】

1 min 109 views

〜この記事は、株式会社JTBふるさと開発事業部と合同会社イーストタイムズが共同で取り組んでいる「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」から生まれたハツレポです〜

「米の栽培に必要な基本的な作業を一つ一つ丁寧かつ確実にこなしていくことを心がけています」

滋賀県彦根市で米を中心に農作物を生産している有限会社フクハラファーム代表の福原悠平さんは、創業以来大切にしている考え方について、こう話します。

安心安全なお米を提供するための「アイガモ農法」

フクハラファームの一部の田んぼでは、「アイガモ農法」を取り入れて米を栽培しています。アイガモ農法は、アイガモを田んぼに放ち、害虫や雑草を食べてもらうことで、無農薬で米を栽培する方法です。

米の有機栽培は、病気や虫の被害にあうことが多く、とても難しいといわれていますが、フクハラファームではこうした愚直な農法を20年近く前から続け、安心・安全なお米を消費者に提供してきました。アイガモ農法で育った米は、炊き上がりがつやつやでもちもちした食感に仕上がるそうです。

「ふるさとの美田を守る」 創業者の思いを受け継ぐ

フクハラファームを創業した悠平さんの父、福原昭一さんは、生まれ育ったふるさとの美しい田園風景を守り、次世代につなぎたいという思いから、フクハラファーム創業を決意したそうです。

そうした思いは悠平さんに受け継がれ、フクハラファームでは現在もアイガモ農法を始めとした、環境に配慮した栽培方法を大事にしています。

また、彦根市付近の牛や鶏の農家さんから堆肥を分けてもらい、田んぼの土づくりを行うなど、地域で連携をした循環型農業を行っています。

こだわり続ける、生産者の意地

「私を含めて社員が若く、経験が浅いため、創業者である弊社会長やベテラン社員の経験と知識に頼っている部分が大きいところです」。こだわりを続けるための苦労をこう話す悠平さん。ITを取り入れるなど、自身を含めた若手が少しでも早く技術習得できるように工夫しているそうです。

「毎日食べるものだから、安全性の高いものを届けたい」

消費者のため、そして地域のためにという生産者の意地がそこにはありました。

井上亜矢子

井上亜矢子

京都府

第2期ハツレポーター

主婦業の傍ら発達支援、シナリオ執筆などの仕事をしてます
趣味はドラマ、アニメ、フィギュアスケート鑑賞、身近な歴史探索、位置情報ゲームなど
大河ドラマ「麒麟がくる」をきっかけにますます楽しくなってきたご近所&歴史探索の様子をお伝えしていきいと思います