鰹の本場は伊良部島!おいしい鰹を余したくないから商品を開発。まるで鰹を飲んでるような鰹ちゅう汁【沖縄県宮古島市】

2 min 60 views

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。今回の投稿は、水産資源の豊富な伊良部(いらぶ)島で水揚げされた魚を無駄なく商品として加工・販売をしている浜口水産株式会社の北川綾香さんの投稿です。

浜口水産は、伊良部島の鰹(かつお)のおいしさに感動した創業者が、神戸から移住して立ち上げた会社です。「このおいしさを余すことなく商品にして地域活性化ができないか?」のことばから開発された商品を販売しています。

手作りの宮古みそに、伊良部の鰹節の粉末を混ぜ合わせて作られているのが鰹ちゅう汁(かっちゅうじる)。宮古みそは、島の泡盛を入れた独特のもので、島の人から作り方を教わり一から手作りしています。

鰹ちゅう汁とは?

鰹ちゅう汁は、手作りの宮古みそに、伊良部のかつお節の粉末を混ぜ合わせて作られた即席お味噌汁の素です。熱いお湯で溶くと、まるで鰹を飲んでいるような深いうまみの味噌汁が出来上がります。

伊良部島ではもともと、家庭で宮古みそと鰹節を混ぜたものを漁師たちが勝負の日の朝にこれを飲んで出かけていたことで「勝負汁」と呼んでいました。

特に宮古島周辺ではそこに生卵を入れて飲む郷土料理があります。
昔からの島の知恵。勝ちに行く日の、勝負汁を手軽に味わえるのが鰹ちゅう汁です。

情報

鰹ちゅう汁のつくりかた

①鰹ちゅう汁の素を約20g(大さじ1杯半弱)お椀に絞る
②熱湯を注ぐ
③かき混ぜる

〈おすすめ〉
宮古島では、生卵を入れて熱湯を注ぐ「生卵入り鰹ちゅう汁」が定番です。

■生野菜などのディップ
■酢味噌
■炒め物の調味料等

様々なお料理にお使いいただけます。
先日、#キンキキッズのブンブブーン#鰹ちゅう汁 を紹介していただきました🙇‍♀️
気になった方は、ぜひ一度ご賞味ください☺️

浜口水産併設のカフェ「ましな珈琲」では、マグロ、イカ、シイラなどの天ぷらをアチコーコー(アツアツの出来立て)でお渡ししています。
注文が入ってから揚げていますので、少々お時間いただきます。

電話での予約も受け付けています。
☎️0980-74-5056
ぜひ、ご利用ください。

浜口水産

浜口水産オンラインショップ

〈今回の投稿〉
https://www.instagram.com/p/CzupMElPgTG/?img_index=1

浜口水産株式会社 北川綾香さんの投稿

#浜口水産 #ましな珈琲 #宮古島 #宮古島グルメ #宮古島旅行 #離島 #伊良部島 #miyakojima #okinawa #宮古島お土産 #宮古島テイクアウト #宮古メシ #マンゴースムージー #パイナップルスムージー #沖縄てんぷら #アイスコーヒー #カフェオレ

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

沖縄県

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。

この投稿は、参加事業者がみずから自身の魅力を発掘したもので、ローカリティ!編集部のサポートを経て、皆さんの心に届く『輝くお宝』にブラッシュアップしたものです。沖縄離島の魅力をご堪能ください。

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です