氷見ブリにも負けない、玄界灘の冬の神、壱岐の寒ブリ!!【長崎県壱岐市】

1 min 120 views

*年末年始にはブリを贈る島民が多く、スーパーの魚売り場もこの有様。

寒ブリといえば、富山県氷見(ひみ)の寒ブリが有名ですが、長崎県の離島、壱岐島(いきのしま)にも脂が乗った寒ブリがあります。玄界灘の冬の荒波を生き延びた寒ブリは絶品です!

醤油をはじくほど脂が乗った刺身

まずは刺身。刺身醤油をはじいてしまうほど、脂がのりにのっていて絶品です。なかでも、こりこりとしたブリトロの部分は絶品。口いっぱいに広がる上質な魚の脂に、締まった身が最高においしいです。また1日寝かせるとさばきたてよりも脂がまわっておいしくなります。

味を変えたいときにはブリしゃぶがおすすめです。白菜や水菜や豆腐を入れたお鍋でしゃぶしゃぶしてポン酢で食べます。

カマもアラも目玉も皮も…地元ならではのブリの楽しみ方

カマは塩焼きが最高です。スーパーでは小さめのカマが2つ150円くらいで売っていることがあります。骨が大きく、身がほろっと取れるので食べやすいです。

アラはブリ大根にするのが一番です。スーパーではアラのみも販売しており、たくさん入っていて安く買うことができます。脳天のとろーっとした身は、白子のような味わい。また目玉も同じくとろーっとしていて、甘辛い味がごはんのお供にもなります。

内臓も美味。形がしっかり残っているので、胃や小腸など部位を感じながら食べることができます。焼肉のホルモンのような感じです。しっかりと下処理をして血を洗い落としてから、お味噌汁や煮つけ、炒め物に使います。

まれに皮も販売しています。きれいにうろこを取って食べます。湯引きにして、ポン酢と七味をかけるだけで、逸品が出来上がります。

いろんな料理に変身する、大きな寒ブリ。壱岐の寒ブリは氷見ブリにも負けません!

写真はすべて筆者撮影

田口有香

田口有香

長崎県壱岐市

校閲記者兼コミュニティマネージャー

第4期ハツレポーター/ライター兼農家の嫁であり、3人の子どもの母。生まれ育った大阪から壱岐島に家族で移住。
壱岐島は長崎県の離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群のアクセス!!海がきれいなのはもちろん、お魚もお肉も野菜も米も焼酎もそろっておりグルメも自慢できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です