ねっとり系焼き芋ブームの火付け役になった「安納芋」、実は安納芋は2種類あるんです🌱【沖縄県宮古島市】

1 min 203 views

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。今回の投稿は、宮古島で沖縄地方独自の「紅芋」を生産、加工・販売している宮古島芋畑松川千鶴さんの投稿です。

一般的に安納芋と云えば「安納紅」という品種を指すことが多いのですが、今回はその安納紅よりも甘いとされている「安納こがね」という安納芋が手に入ったので焼いてみました🥔😆

淡黄色の皮が特徴ですが、噂に違わず、ねっとりとしていてかなり甘いお芋でした✨😊

あまり出回ることが少ない品種ですが、ぜひ、おすすめです(^-^)!

宮古島芋畑では、温暖な沖縄が適作であり、台風に強い「紅芋」を栽培しています。紅芋を栽培する中で小芋や傷芋などの規格外の芋がたくさん出てしまうので 「味は変わらず美味しい」紅芋を使って2023年8月から「紅芋の冷やし焼き芋」として加工販売を始めました。

宮古島の「芋」を味わいに来てくださいね♪

情報 宮古島芋畑

〈今回の投稿〉https://www.instagram.com/p/CxC15-9Ss3i/

#紅芋 #紅芋スイーツ #焼き芋 #冷やし焼き芋 #冷やし紅芋 #宮古島スイーツ #沖夢紫

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

沖縄県

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。

この投稿は、参加事業者がみずから自身の魅力を発掘したもので、ローカリティ!編集部のサポートを経て、皆さんの心に届く『輝くお宝』にブラッシュアップしたものです。沖縄離島の魅力をご堪能ください。

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です