8人のおばちゃん達が生み出した「ニンニク球」「なくしてはならない」おばちゃん達の技術を継承【福岡県大任町】

2 min 225 views
※株式会社おおとうニンニク食品ではたらく人たち

〜この記事は、株式会社JTBふるさと開発事業部と合同会社イーストタイムズが共同で取り組んでいる「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」から生まれたハツレポです〜

平成元年、福岡県田川郡・大任町(おおとうまち)農協婦人部に所属していた8人のおばちゃん達が「特産品を作りたい」という想いで結集し、「手作りニンニク球(きゅう)」を開発しました。

ニンニク特有の強烈なニオイを自然乾燥によって軽減し、成分を凝縮するという門外不出の技術で、約30年もの間作られてきました。

大量のニンニクを丁寧に手洗い

 一時、おばちゃん達の高齢化により危機を迎えましたが、「手作りニンニク球」をなくしてはならないと、大任町とJAたがわが共同出資し「株式会社おおとうニンニク食品」を設立しました。おばちゃん達の技術を継承し、大任町で採れたニンニクを使用した特産品として、今もなお高い人気を得ています。

ニンニクのパワーで活気あふれる生活を!

手作りニンニク球

「手作りニンニク球」は大任町にある㈱おおとうニンニク食品の自社農園を始め、顔が見える地元の生産者さんのニンニクを使用しています。豊富な栄養のニンニク成分を凝縮したニンニク球は、毎日継続して食べることで、パワーが溢れ出し、活気溢れる生活を送ることができると評判です。

 また「手作りニンニク球」は本物のニンニクの代わりにお料理に使えて便利です。ニン二クが手に入りにくい季節や、ちょこっとだけ使いたいときなどに役立ちます。

 火を入れることでほんのりニンニクの香りが蘇り、簡単にニンニクの風味を料理に加えることができます。

熱い想いのこもった「元気」と「おいしさ」を届けます

熟成黒にんにく

 自社農園で作られたニンニクを、約50日間熟成させた「熟成黒にんにく」はまるでドライフルーツのような味わい。添加物を一切使わず、自然な旨味と甘みがぎゅぎゅっと詰まっていて、おやつ感覚で食べることが出来ます。

 

黒にんにくドレッシング

 また、地元田川の酢造メーカー「マルボシ酢」と共同開発した「黒にんにくドレッシング」は、黒にんにくをふんだんに使い、「しじみエキス」を配合しています。栄養満点なのは言うまでもなく、和風醤油味に仕上げているのでどこか懐かしく、食べやすいお味です。サラダはもちろん、餃子などのお肉料理にも合います。
「おばちゃんたちの「技術」と「想い」を受け継ぎ、㈱おおとうニンニク食品は、より多くの人の「元気」と「おいしさ」を届けてまいりますので、今後ともよろしくおねがいします」と大任町ふるさと納税担当の高木侑斗さんは、取材の最後に力強くおっしゃいました。

田口有香

田口有香

長崎県壱岐市

校閲記者兼コミュニティマネージャー

第4期ハツレポーター/ライター兼農家の嫁であり、3人の子どもの母。生まれ育った大阪から壱岐島に家族で移住。
壱岐島は長崎県の離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群のアクセス!!海がきれいなのはもちろん、お魚もお肉も野菜も米も焼酎もそろっておりグルメも自慢できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です