いつも進化し続けているから「発展途上」!楽しさがどんどん増していく!進化しても温かさは変わらない、お宝中古市場天童店【山形県天童市】

1 min 99 views

「たくさんの思いが交差する中古販売店」

お宝中古市場天童店では様々なものを買うことができます。

全国展開されている、お宝中古市場は山形県内に5店舗あります。その中でもお宝中古市場天童店は、特別規模が大きくないのにも関わらず、他店に比べて売上が多いそうです。今回はその秘密と魅力に迫ってみました。

お宝中古市場天童店の大きな魅力の一つは、エンターテインメント性に富んでいるところです。最近ではUFOキャッチャーや硬貨や紙幣を入れ回転式レバーを回すとカプセル入りの玩具などが出てくる「ガチャ」を店舗に多く取り入れることで、子供やファミリー層をターゲットに楽しんでもらうことを意識しているそうです。またカード関係にも力を入れておりカードショップを別館で開いて、より専門的に扱っています。

更に接客にも力を入れていてお客さん一人ひとりに誠意をもって接しているとのこと。このような、心の温かさや取り組みが売上に繋がっているようです。

今回取材させて頂いた副店長の滝口涼太さんは10年以上前から働いているそうです。

お店全体として大切にしていることはお客さんたちに楽しんでもらうことです。

滝口さんも「お客さんに楽しんで帰ってもらいたい」と話していました。

副店長の滝口さん

これからはUFOキャッチャーやガチャなどにより力を入れたり、コロナが流行る前に定期的に開催していたイベントを再開するなどして、もっとお店を盛り上げていくそうです。

いつも進化し続けているから「発展途上」、楽しさがどんどん増していく「お宝中古市場天童店」。天童にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください!

情報

【お宝中古市場天童店】

住所:〒994-0021 山形県天童市山元1019−1 

営業時間10:00〜24:00お店のホームページhttps://otakara-tendo.com/

横倉怜允さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です