タモリさんも食べた。東京から飛行機を乗り継いで食べに来る人も!脂の乗ったイワシで育つ天然の黄金あなご【長崎県対馬市】

1 min 724 views

韓国との国境の島、長崎県対馬に食通が唸る「黄金(こがね)あなご」を食べられるお店、「あなご亭」があります。黄金アナゴはあなご亭を運営する株式会社フレッシュ対馬で商標登録されています。ふっくらプリプリの肉厚と上品な脂が特徴の、対馬西沖でしか獲れないという貴重な黄金あなご。地元のバスガイドの情報によると、なんとあのタモリさんも、黄金あなごを食べるためだけに東京から日帰りで対馬に来たそう。

対馬産「黄金あなご」たる所以

対馬西沖の漁場は黒潮の影響を受ける海域で、脂がのったイワシが集まり、アナゴの餌となります。あなご亭では専属契約の漁師によって獲られたアナゴをさらに目利きの職人が厳選して「黄金あなご」として提供しています。

東京から飛行機を乗り継いでタモリさんも食べに来た

地元のバスガイドによると「タモリさんも食べにきた」と言います。ある日、対馬空港に降り立ったタモリさん。あなご亭に向かい食事をした後、そのまま空港まで戻られたそうです。

2022年10月15日に初回放送があったブラタモリの収録で対馬へ再訪した際にも、休憩時間にあなご亭で食事をされたとのことです。

4度目の対馬でようやく出会えた黄金あなご

 筆者である私は対馬の南東に位置する壱岐島に住んでいて、対馬へはこれまでに3回来島していますが、あなご亭で食事ができたのは今回が初めて。それもそのはず、あなご亭は 金・土・日・月の11:30~14:00までの営業時間で予約は基本開店の時間帯のみ、しかも数量限定。4回目の来島でようやくあなご亭の黄金あなごにお目にかかることができました。

注文したのは特上セイロ。ふっくら肉厚、上品な脂をまとった黄金あなごを堪能しました。他のお店でもカツや刺身などのアナゴ料理を食べましたが、こちらのあなごセイロはレベルが違いました。東京からでも日帰りで行く価値がある、ここでしか食べられないお味です。

「あなご亭」公式ホームページhttps://anago-tei.com/

田口有香

田口有香

長崎県壱岐市

校閲記者兼コミュニティマネージャー

第4期ハツレポーター/ライター兼農家の嫁であり、3人の子どもの母。生まれ育った大阪から壱岐島に家族で移住。
壱岐島は長崎県の離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群のアクセス!!海がきれいなのはもちろん、お魚もお肉も野菜も米も焼酎もそろっておりグルメも自慢できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です