富士の山を望む日本平のひそかな絶景「駿河湾のきらめき」を見落とすな!

(写真)山頂から東側を望むと、富士山と清水港、それに伊豆半島が一度に見える。

静岡市の駿河区と清水区の境界にある、標高約300メートルの丘陵地「日本平(にほんだいら)」。その山頂付近からは富士山を望め、3年前に「夢テラス」と呼ばれる展望台がオープンしたことで南側の駿河湾も見られるようになった。

夢テラスはパノラマビューとなっていて、頂上から全方向が見える。このため、東に向かって立てば、静岡県のほぼ中央に位置する清水港が見渡せ、天気が良い日には港の先の伊豆半島まで視野に収めることができる。まさに静岡が誇る絶景ポイントの1つだ。

(写真)「夢テラス」のシンボル施設
(写真)冬の強い風が吹き、海に白波が立つのが山頂からも見えた

西に向かって立つと、午後の太陽が海面に反射する。
美しい太陽のきらめきに思わず言葉を失った。

(写真)駿河湾に太陽が美しく反射する様子

しかしながら、訪れる多くの人はその光景に気付かない様子で、通り過ぎていく。西側もまた、かなりの絶景。コロナ禍が落ち着き訪れる際には、ぜひ東側だけでなく、西側の景色も合わせて、お楽しみください!

(画像)日本平の周辺地図。赤丸が日本平=日本平観光協会HPから引用

飯田有紀子

東京都新宿区/第1期ハツレポーター

静岡市出身。大学時代は静岡から新幹線通学で東京に通い、卒業後初期配属で仙台へ。仙台ではONETOHOKU等有志活動を通じ東北の素敵な人たちに魅了され、大好きになり2020年7月に異動で東京に来るも東北と繋がりたいと秋田のハツレポイベントに参加。