船の上でどんちゃん騒ぎ 南の島の海のお祭り!

フィリピン、セブ島沖にあるカオハガン島に住む人々は、全員キリスト教です。
毎年何回か宗教的なお祭りがあるのですが、今日はそのうちのひとつ、毎年6月24日に行われる「サンフアン祭り」をご紹介します。

キリスト教のお祭りなので、世界各国でサンフアン祭りは祝われているのですが、地域によって、様々な形があるようです。
そもそもサンフアン祭りは聖ヨハネの誕生を祝う日だそうです。
スペインでは、「火祭り」として知られているようですが、フィリピンではイエス・キリストが聖ヨハネから洗礼を受けたことにちなみ、洗礼式で聖水をかける様子をならって、「水かけ祭り」として祝われます。

フィリピン・リサール州のサンフアンで開催されるお祭りですが、カオハガン島でも独自にこの日を祝います。
カオハガン島の人々は、お祭りの当日、朝早くから起き、「待ってました!」と言わんばかりに家から鍋を持ち出し、その底についている煤をお互いの顔に塗り始めます。

【写真:顔に煤を塗りたくった島民たち】

一通り煤を顔に塗り終わると、それぞれの家庭でちょっとしたご馳走を準備し、船に乗り込みます。

【写真:もち米をココナッツミルクで煮たブランケットというお祝いに欠かせないデザートを作っています】

そして、船の上や海の中で、どんちゃん騒ぎを始めるのです!

【写真:ギターで奏でる地元の歌がお祭りには欠かせません!】
【写真:各家庭で船を出し、思い思いに過ごします】

サンフアン祭りが行われる6月は1年で1番潮が高くなります。
青く透き通った海で1日中過ごすこのお祭りは、歩いてたったの15分で一周できてしまう小さなカオハガン島に住む島民が、最も海の美しさを感じ、海に守られ、生かされていることを全身で体感できる特別なお祭りなのです。

【写真:日焼けなんて気にしない!島の女の子たちもこのお祭りが大好きです!】

《カオハガン島からのこれまでのレポート》

◆“指サック”みたいな絶品珍味!その正体とは?
https://thelocality.net/sarupo/

◆南の島の職人の世界「ヤシ酒×キルト」
https://thelocality.net/caohagan_quilt/

◆一度食べたらもう止められない?魅惑の“インディアンマンゴー”
https://thelocality.net/indian_mango/

《カオハガン島の情報はこちらからご覧いただけます》

◆カオハガン島の紹介動画
【『なにもなくて豊かな島〜カオハガン島〜』最貧の島が幸せな理由】
https://youtu.be/2AE0rCXFazY
【人生が変わる旅 | カオハガンハウス オフィシャルビデオ | Caohagan House 】Official Video | フィリピン セブ カオハガン島
https://youtu.be/fsCmWzjFdlw
【「私の住むカオハガン島の豊かな1日」 Video by 旅する鈴木】
https://youtu.be/RhcrfWHrfRg

◆ホームページ
http://www.caohagan.com/

◆facebookページ
https://www.facebook.com/NgoCaohagan/

◆instagram
https://www.instagram.com/caohagan_island

◆大好評!オンラインコミュニティ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/338306

◆オンラインショップ
 https://caohagan.thebase.in/

カオハガンハウス

フィリピンカオハガン島/第2期ハツレポーター

セブ島から船で約1時間、手つかずの自然に包まれた、東京ドームと同じ広さの小さな島。島民約700人が、豊かな海洋の自然のなかで、その恵みをいただき、必要以上の量を採らず、それを皆で分かち合う、そんな暮らしをしています。
そんな島に嫁いだ佑子とよしえ、長期滞在中の佐和子が島で見つけた驚きを発信していきます!
よろしくお願いいたします。