桃カステラでひな祭りを祝う。カステラが大好きすぎる長崎県民【長崎県長崎市】

1 min 154 views
白水堂の「桃かすてら」と「こもも」

長崎を代表する銘菓といえば、「カステラ」。約450年前にポルトガルから伝わったとされ、時代とともに独自の進化を遂げてきました。しっとりふわふわな生地の底に沈んだザラメが特徴。また、桃の節句には桃をかたどった「桃カステラ」が店頭に並びます。ひな祭りにもカステラを食べるなんて、さすがカステラ大好き長崎県民!

縁起の良い「桃カステラ」

長崎スイーツといえば、「カステラ」と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。長崎には福砂屋や文明堂など全国百貨店にも軒を連ねる有名なカステラ専門店があり、県民はそれぞれ推しのカステラがあるそうです。またひな祭りには「桃カステラ」を食べる習慣があります。

桃の節句とも言われるひな祭り。中国では、古くから不老長寿の果実として尊ばれている桃は縁起が良いとされています。女の子の初節句や内祝いのお祝い返しに選ぶ方が多いようです。

あまーいカステラの上に、あまーい桃の砂糖菓子

長崎新地中華街にあるカステラ専門店の店頭

材料に桃が使われているわけではありません。桃の砂糖菓子がカステラの上にのっています。甘いカステラの上にさらに砂糖菓子をのせるなんて、さすが甘いもの好きの長崎県民。

筆者が購入した白水堂の「桃かすてら」は、程よい甘さで、砂糖菓子の桃部分は口どけが良く、幸せが広がるような優しい甘さでした。

桃カステラは2月上旬から3月中旬までの期間限定で販売しているカステラ専門店が多いです。白水堂では「桃かすてら」を一年を通して販売しています。白水堂の店員さんは、「かわいらしいフォルムでお土産としても人気があります」と紹介してくれました。

写真はすべて1月30日筆者撮影

田口有香

田口有香

長崎県壱岐市

校閲記者兼コミュニティマネージャー

第4期ハツレポーター/ライター兼農家の嫁であり、3人の子どもの母。生まれ育った大阪から壱岐島に家族で移住。
壱岐島は長崎県の離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群のアクセス!!海がきれいなのはもちろん、お魚もお肉も野菜も米も焼酎もそろっておりグルメも自慢できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です