まるでスペイン⁈佐世保ではしご酒を楽しむ「飲みさるく」が熱い【長崎県佐世保市】

1 min 306 views

夜の佐世保では、まるでスペインのようなバル文化を体験することができる。ちょっとしたおつまみをつまみながら、お酒を一杯飲んで、隣の人とコミュニケーションを楽しんだ後は長居をせずに、又次のお店へ移動する「はしご酒」の文化が根付いている。佐世保の人はそのことを「のみさるく」と呼んでいる。

まちを代表する居酒屋「ささいずみ」を経営する酒見さんは、そういった「のみさるく」文化を広めようと、ビール会社のセールスマンに声をかけて、自分が出入りするお店以外でちょい飲みが楽しめるおすすめのお店を紹介してもらい、それらをまとめた「のみさるくマップ」を作って、市民や観光客に無料で配布している。酒見さんは「自分のお店だけでなく、佐世保の地域全体が飲みさるくをきっかけに盛り上がってほしい」と話す。

「のみさるく」ことが楽しみな私にとって、こういった取り組みが広がり、佐世保に飲みさるく人々が増えることは何より嬉しい。

また、佐世保では2012年から不定期ではあるが、過去5回、はしご酒を楽しむ「佐世保バルさるく」というイベントを催している。参加者は5枚綴のチケットを事前に購入し、参加店舗でチケット1枚を出すと、お酒とおつまみのバルメニューと交換でき、楽しんだ後はまた次のお店へはしごするイベントだ。毎回イベントの夜の佐世保では「のみさるく」人々で街があふれる。この光景は何度見ても微笑ましいし、嬉しい。

コロナ禍で、飲みさるく人々が減ってしまったのも事実だが、「のみさるく」文化は廃れない。そこにおいしいお酒とおつまみがある限り…

情報

させぼバル
https://www.sasebo99.com/gourmet/sasebobar

松尾 麻美さんの投稿

ローカリティ! 佐世保小値賀

ローカリティ! 佐世保小値賀

佐世保市・小値賀町

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!佐世保・小値賀」は、公益財団法人佐世保観光コンベンション協会様・株式会社ゼンリン様そして弊社、合同会社イーストタイムズの3社が協同で行った「『海風の国』魅力発掘発信ワークショップ」をきっかけに始まりました。
佐世保市や小値賀町をふるさとだと思う皆様と一緒に、当地域の魅力を発掘・発信しています。観光資源だけではない、地域に関わっているからこそ知る魅力を届けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です