陶芸の里リシタン☕ウズベキスタン旅行記③【リシタン市】

1 min 85 views

ウズベキスタンはどこへ行っても、美しい食器でティータイムを過ごせる。その時間が、最高に贅沢だなと思うし、日本の我が家ではちょっと再現できそうにない。

その中でもリシタンの陶芸家の作品は、他の都市のお土産屋で見かける物とは一線を画している。普段は陽気なおじさんたちだけど、その作品を見れば「プロかよ!」と叫びたくなる(プロ)。日本でいうと中学1年生くらいから修行を始めるんだとか。

ちなみにNoriko学級(リシタンにある日本語学校)の宿泊先の1つは、そんな陶芸家たちの拠点のど真ん中にある。それとこの街で一番有名な陶芸家は、ガニシュル校長のお兄さんだったりする。

筆者は日本語を教えたあと、シルクロードの時代から受け継がれる職人技に触れる至高の時間。このコースもまた、地元で再現できそうにないやつだ。

#ウズベキスタン旅行

#life_with_xseries

#travel #travelphotography

阿部宣行

阿部宣行

山形県山形市

第3期ハツレポーター

山形にある探究教室の講師。子どもたちが熱中できることを見つけ、大人顔負けで実践できるように日々活動しています。ローカリティに参加してからの趣味は写真撮影。子どもたちの視野を広げるために記事を書き、写真を撮っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です