まるで英国のパブ!丹波篠山で常時6種類のクラフトビールを楽しめる醸造所併設のビアパブ【兵庫県丹波篠山市】

3 min 145 views
タグ:

丹波篠山には英国スタイルのクラフトビールを楽しめる醸造所併設のパブがある。その名も「丹波路ブルワリー テラノ・サウス」。

醸造所で造られた出来立てのクラフトビールを常時6種類、さらにビールに合うお食事も提供している。店主である私は、ビール造りをイギリスで学び、その時に現地で飲んだ英国スタイルの味わい深いビールの味に感動して、自分でもそんなビールが造りたいと決意した。

そこからこの地、丹波篠山でビアパブを開業し、今では丹波栗やゴボウなど地元の食材を副原料に用いた丹波篠山でしか造れないひと味変わったビールも醸造している。今回はそんな丹波路ブルワリー テラノ・サウスについて、ご紹介していこう。

丹波路ブルワリー テラノ・サウスは丹波篠山にある小さなブリューパブである。ブリューパブとはクラフトビールの醸造所に併設されたビアパブのことで、そこで造られた出来立てのビールを新鮮な状態で味わうことができる。

常時6種類のビールを提供しており、オーソドックスな味わいの「丹波路ピルスナー」、店主が英国で学んだ「イングリッシュペールエール」、丹波篠山で収穫された丹波栗を副原料に使用した「丹波チェストナットエール」など、季節に応じて様々な味わいのクラフトビールを提供している。

ビールに合わせる食事には、ソーセージや唐揚げと言った定番のおつまみを始め、イギリス人から教わった本格レシピで作る「フィッシュアンドチップス」など、メニューは豊富だ。お店はカウンター10席と2人掛けのテーブルが3つあり、天気の良い日にはテラス席でビールを飲むこともできる。

「ビール好きが高じて、自分でもビールを作ってみたくなった」。店主が客に尋ねられてよく答える言葉である。

そう、私は元々根っからのビール好きである。社会人として働きだした20代前半の頃にビールの美味しさを覚え、各地のビールイベントで地ビールに出会い、ビアバーで飲む海外のビールに惚れ込んだりして、様々なビールを飲んできた。そのうちに、好きなビールを自分で造ってみようと思うようになり、ビール造りについて独学で勉強し始めた。

東京に「ビールの造り方」を教えてくれる会合があると知り、参加してみると同じくビール造りに興味のある人が数多くいて、さらに楽しくなり、どんどんビール造りにのめり込んでいった。そんな時、知り合いのイギリス人から「英国でビール修行をしてこい!」と勧められて、今まで勤めていた仕事を辞め、単身英国へ渡り3ヶ所の醸造所でトレーニングを重ねた。

トレーニングは夕方の17時には終わるので、その後はほぼ毎日英国のパブでビールを飲んだ。その時に伝統的な英国スタイルの「ペールエール」というビールに出会い、派手さはないが穏やかで飲みやすく、味わい深いビールの味に感動して、このビールを日本でも造りたいと思うようになった。

日本に帰国後、ちょうど田舎暮らしがしたいと考えていた両親と共に西宮市より丹波篠山市へ移住し、2017年6月に丹波路ブルワリー テラノ・サウスをオープンした。

オープン当初は正直、自分のビールの味に納得がいっていなかった。英国で教わった通りに造るだけでは、現地で飲んだあのビールと同じ味わいにはならなかった。「教科書通りではうまくいかない、現場での調整が必要だ」まさにこれを思った。

ビール造りの行程には様々なポイントがあるが、その一つ一つを仕込みの度に少しずつ変えて行き、トライアンドエラーを繰り返していくことで自分の納得の行く味に近づけていった。オープンして6年目になり、だいぶ理想の味に近づいたとは言え、その試行錯誤はこれからもずっと続いていくと思っている。

私はなんでも自分でやりたくなってしまう癖があるようで、ビールを飲むのが好きだから、自分でビールを造ってみたくなった。そしてビールが造れるようになると、今度はビールの原材料を造ってみたくなるのである。お店の向かいの畑を借りて、ビールの原材料である二条大麦の栽培を始めた。

麦は育てやすい植物で初年度からたくさん収穫できたので、さっそくビールを造りたいところではあるが、ビールの原材料として使うには大麦を「麦芽」にしないといけない。麦芽とは大麦を発芽させ、酵素を活性化させたうえで乾燥させたもののことである。この「酵素が活性化」していることが重要で、これがないと大麦のでんぷんを糖に変えることができず、アルコールが発生しないため、ビールの原材料として使うことはできない。この大麦を麦芽にする行程を「モルティング」と呼ぶが、これが一筋縄ではいかない。

もちろん手作業でできなくはないが、大量のビールを造るためには膨大な作業量となってしまい、ある程度の自動化が必要になってくる。今後はその設備の開発にも携わりモルティングを推し進めて、「丹波篠山で採れた大麦から造るビール」を丹波路ブルワリーの定番にすることを目標にしていきたいと考えている。

(井筒一摩さんの投稿)

<情報>

  • 丹波路ブルワリー テラノ・サウス
  • 住所:丹波篠山市北155-3
  • 電話:tel:0795065119
  • 営業時間:火~土 17:30-22:00(土曜日のみ15:00open)
タグ:
ローカリティ! 丹波篠山

ローカリティ! 丹波篠山

兵庫県丹波篠山市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!丹波篠山」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「丹波篠山市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の丹波篠山市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です